2-3.人生のゴールの見つけ方(2)今日が人生最後の日と考える

「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像

「2-2.人生のゴールの見つけ方(1)自分の葬式を想像してみる」の記事に引き続き、本記事でも、

・どうやって、「残された時間で本当に達成したいこと」、すなわち、「寝ても覚めてもワクワクしてしまうほど、魅力的なこと」を、みつければ良いのか?

について、詳しく解説します。(本記事を含めて、複数の記事で解説していますので、あなたが、一番やりやすい方法で、あなたの「本当に達成したいこと」をみつけてください!)

「残された時間で本当に達成したいこと」、すなわち、「寝ても覚めてもワクワクしてしまうほど、魅力的なこと」をみつける、二つ目の方法は、

・今日が人生最後の日と考える

という方法です。

ヤミシタ

「今日が人生最後の日」だった場合、あなたは何をしますか?今からやろうとしていたことをしますか?自分の人生にきちんと向き合う大切さを教えてくれる『スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ』は、何度視聴しても感動します。

なぜ、「今日が人生最後の日と考える」と良いのか?

これは、『スティーブ・ジョブズ 伝説のスピーチ』と言われているほど有名な、アップル社の共同設立者であるスティーブ・ジョブズ氏が、2005年にスタンフォード大学の卒業式で行った『How to live before you die』というタイトルのスピーチの中で紹介されているものですが、

「毎日、今日が人生最後の日だと思って生きれば、いつかその通りになる」

17歳のときその言葉に出会ってから、33年間、毎朝、鏡に映る自分に「もし、今日が人生最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と問いかけるようにした。

もし、「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということ。

自分はまもなく死ぬという認識が、重大な決断を下すときに一番役立つ。

なぜなら、手に入らないような希望やプライド、失敗する不安…これらはほとんどすべて、死の前には何の意味もなさなくなるから、本当に大切なことしか残らないから。

何より大事なのは、世間一般の常識や他人の声ではなく、自分の心と直感に従う勇気を持つこと。

あなたの心や直感は、自分が本当は何をしたいのかもう知っているはず。

「How to live before you die」by Steve Jobs (Stanford University )

とあります。

この『伝説のスピーチ』を何度視聴したかは、もう分かりません。

この『伝説のスピーチ』に何度勇気をもらったかも、もう分かりません。

挫けそうなとき、泣きそうになったとき、もう、何もかも投げ出したくなったときなどは、必ず、この『伝説のスピーチ』を視聴して、背中を押してもらい、奮起していました。

『伝説のスピーチ』を聴きながら寝て、いつの間にか寝てしまい、次の日からまた頑張る!ということを、何度も繰り返しています。

なぜ、「今日が人生最後の日と考える」と良いのか?というと、スティーブ・ジョブズ氏の言う通り『手に入らないような希望やプライド、失敗する不安…これらはほとんどすべて、死の前には何の意味もなさなくなるから』です。

死の前では、『本当に大切なことしか残らないから』です。

「今日が人生最後の日と考える」ことで、ムダな雑念をすべて消し去り、「残された時間で本当に達成したいこと」は何なのか?「寝ても覚めてもワクワクしてしまうほど、魅力的なこと」は何なのか?ということを集中して探すことができるようになります。

どのように、「今日が人生最後の日と考える」と良いか?

もし、まだ『伝説のスピーチ』を聞いていない場合は、ぜひ、視聴してみてください!

※こちらは、日本語字幕付きの動画になります。日本語訳をみながら、スティーブ・ジョブス氏の生の声も聴いて、臨場感をお楽しみください!

『伝説のスピーチ』を視聴し、熱い気持ちになった状態で、あなた自身に問いかけてみてください!

「もし、今日が人生最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」

と。そして、答えが「No」の場合は、

・では、今日が人生最後の日だとしたら、一体何をしたいのか?

ということを問いかけてください!

納得がいくまで、何度でも、繰り返して、この問いかけを続けてください!

スティーブ・ジョブズ氏のように、毎朝、鏡に映る自分に対して、「もし、今日が人生最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と問いかけて、

答えが「Yes」になるまで、あなたの思考を、行動を、習慣を変えてみてください!

私も、毎朝「もし、今日が人生最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」という問いかけに対して、答えが「No」である場合は、そのことをやめるようにしています。

答えが「No」でも、どうしてもやらなければならないときは、何日も、答えが「No」の日が続かないように注意しています。

答えが「No」とならないように、自分を変える努力を続けるようにしています。

私は、もし、今日が人生最後の日だとしても、家族(特に、妻と子供)の役に立つために、笑顔に、幸せにするために、全力を尽くします。

最後の一日である今日が、感謝の心と笑顔で溢れるように、精一杯の行動をします。

会社には、行かないかもしれません(笑)しかし、稼がなくては家族の役に立てないですし、笑顔にも、幸せにもできないので、テレワークで働きます!

(もちろん、仕事の中でも、やりがいを感じている仕事、満足させたいお客様がいますので、しっかりやるべきことはやります)

まとめ

  • 死の前では、『本当に大切なことしか残らない』
  • 「もし、今日が人生最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」という問いに対して、答えが「No」であるならば、生き方を見直すこと
  • 答えが「No」とならないように、自分の思考を、行動を、習慣を変える努力をすること

ぜひ、あなたも『伝説のスピーチ』を聞いて、心を鼓舞して、あなた自身の心と直感に従ってみてください!

今日が人生最後の日と考えて、「残された時間で本当に達成したいこと」、すなわち、「寝ても覚めてもワクワクしてしまうほど、魅力的なこと」を探してみてください!

毎朝、鏡に映る自分に対して、「もし、今日が人生最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と問いかけて、自信をもって「Yes」と答えることができるようになり、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!