9-6.自分の強みが分かる『才能に目覚めようストレングス・ファインダー2.0』

「参考文献」のアイキャッチ画像

「9.オススメの本を知りたい」のカテゴリの記事では、これまで記事の中で引用した本について、詳しくご紹介します。

どの本も、私自身が実際に読み、「本当に読んで良かった」「考え方を変えることができた」「気づきや学びが非常に多かった」「この本が人生を変えたと言っても過言ではない!」など、自信をもってオススメできる本となります。

ぜひ、興味を持った場合は、一度、本を読んでみてください!(私自身が読んでいない本、自信をもってオススメできない本は、引用もしませんし、ご紹介もしません)

今回の記事でご紹介する本は、

・トム・ラス 著/古屋 博子 訳 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』

です。

ヤミシタ

この本は、オススメ度「★」です。あなたが、自分の強みの元である資質を知る必要があると感じた場合は、必要な時に読んで、日々の生活や仕事で活用してください!

ストレングス・ファインダーとは?

米国ギャラップ社が40年以上にわたって行ってきた「人間の強み」に関する研究に基づいて、人々に共通する34の資質を言語化し、それらを発見・説明するために開発した、オンライン「才能診断」ツールのことです。

開発者は、アメリカ心理学会から「強みの心理学の父」として表彰されるドナルド・O・クリフトン博士(1924~2003年)であり、2004年には開発者に敬意を表して「クリフトン・ストレングス・ファインダー」と改称されています。

(本サイトでは、略称である「ストレングス・ファインダー」と書いています)

アクセスコード付きの書籍を購入することなどで「ストレングス・ファインダー」を利用することができ、オンライン上で、約170個の質問に答えることで、自分の資質(=生まれながらに持っている強みの元)が導き出されます。

また、34の資質は、大きく4つの力(人間関係構築力、影響力、実行力、戦略的思考力)に分類されます。

「ストレングス・ファインダー」は、世界中で約2千万人以上の人に利用され、世界中の企業や学校、コミュニティなどで活用されています。

なぜ、ストレングス・ファインダーが必要なのか?

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』の中で、現代経営学の父とも呼ばれ、経営の第一人者であったピーター・ドラッカー氏(1909~2005年)の言葉が引用されていますが、

「ほとんどの人は、自分は何が得意かを知っていると思っている。

しかし、たいていは間違っている。

それでもなお人は、強みによってのみ何かを成し遂げることができる」

トム・ラス 著/古屋 博子 訳 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(2017)

とあります。

さすが、ピーター・ドラッカー氏としか言いようがないぐらい、的確な言葉ですね。

「2-6.人生のゴールの見つけ方(5)実体験から考える」の記事でも書いているのですが、「ストレングス・ファインダー」を受けた結果、

私の上位5つの資質は、「1.学習欲(戦略的思考力)」「2.収集心(戦略的思考)」「3.最上志向(影響力)」「4.内省(戦略的思考)」「5.達成欲(実行力)」であり、

人間関係構築力に分類される資質が、上位5つにはありませんでした。

正直に告白すると、私は、自分では「人間関係構築力」が高いと思っていました(笑)

システムエンジニアとして働いていたときも、プロジェクトマネージャーとして、プロジェクトが円滑に回るように、各プロジェクトメンバーに声掛けをしたり、部署間の調整をしたり、

お客様や取引先との交渉を行ったりしていたので、そのような勘違いをしていたのですが、「ストレングス・ファインダー」の結果を基に考えると、確かに、仕事以外での人付き合いが苦手(特に、飲み会が苦手)であったり、人が集まるイベントに、積極的に参加したりはしていませんでした。

過去を振り返っても、「人間関係構築力」が乏しいことに関しては、思い当たる節が多々ありました。

(全然、気にしていませんでしたが、言われてみれば、友達も少ないですね、、、)

もちろん、上位5つの資質に関しても、自分に該当する資質であると感じましたが、「人間関係構築力」に分類される資質が一つも上位にこないのは、ちょっと予想外だったので、ピーター・ドラッカー氏の言葉通りと言えます。

「なぜ、ストレングス・ファインダーが必要なのか?」に関しては、「自分の資質(=生まれながらに持っている強みの元)を正しく理解できるから」というのが、一つ目の理由になります。

私も勘違いしておりましたが、自分で得意と思っていることが、実はそうでないということが多々ありますので、長年の研究の成果であり、

そして、多くの人のデータによって日々精度が向上される「ストレングス・ファインダー」で、自分の資質を正しく理解することが重要になります。

そして、二つ目の理由は、ピーター・ドラッカー氏の言葉通り「人は、強みによってのみ何かを成し遂げることができるから」です。

「自分で得意と思っていることが、実はそうでない」という状態で、自分には向いていないことに対して努力を続けてしまうと、「結果が出るのが遅くなる」もしくは「全然結果がでない」ということになってしまいます。

いつまで経ってもゴールを達成できないと、「自分はダメな人間なんだ、、、」というネガティブな発想が生まれ、ネガティブな発想がパフォーマンスの低下を生み、更に、ゴールの達成から遠ざかってしまう、、、という悪循環が発生してしまいます。

自分の資質を正しく理解し、自分の資質を理解したうえでゴールを設定し、自分の資質を最大限に活用しながらゴールの達成に向けて努力を続けることが大切です。

最後に、三つ目の理由は、複数人で活動する際に、それぞれの強みを正しく理解し、その強みを活用できれば、「相乗効果を生むことができるから」です。

複数人で活動する場面は、日々の生活においても、仕事をするうえでも数多く存在します。

というより、ほとんどの活動は、複数人での活動ばかりですね。

特に、仕事をするうえでは、一人で仕事をするよりも、複数人で仕事をすることの方が圧倒的に多いです。

複数人で仕事をする際に、「お互いの強みを活かせるように役割分担すること」が出来れば、それぞれの個人の弱みを消し、それぞれの強みだけを発揮できるようになります。

すべての仕事に対して、各個人の強みを発揮できるように役割分担することはなかなか難しいですが、それを意識するだけでも、チームとして、組織としてのパフォーマンスが向上します。

逆に、各個人が「自分の強みを発揮できない、、、」「全然、強みを発揮できる仕事が与えられない、、、」と感じると、チームとして、組織としてのパフォーマンスは著しく低下します。

(ネガティブな感情の方が強く、そして、伝播するスピードは速いですので、、、)

ストレングス・ファインダーで何が分かるのか?

「ストレングス・ファインダー」を利用することで、大きく4つの力(人間関係構築力、影響力、実行力、戦略的思考力)に分類される34の資質のうち、あなたの資質(=生まれながらに持っている強みの元)の上位5つが分かります。

(アクセスコード付きの書籍を購入して行う場合は、上位5つの資質までしか分かりませんが、別途費用を払うことで、全ての資質の順番を知ることもできます)

大きく4つの力に分類される34の資質は、具体的には下記の通りです。

人間関係構築力(9):運命思考、共感性、個別化、親密性、成長促進、調和性、適応性、包含、ポジティブ

影響力(8):活発性、競争性、コミュニケーション、最上志向、自我、自己確信、社交性、指令性

実行力(9);アレンジ、回復志向、規律性、公平性、慎重さ、信念、責任感、達成欲、目標志向

戦略的思考(8):学習欲、原点思考、収集心、戦略性、着想、内省、分析思考、未来志向

トム・ラス 著/古屋 博子 訳 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(2017)

34の資質だけ見ても、「何のこっちゃ」「一つ一つの資質の意味が良く分からへん、、、」と思われるかもしれませんが、

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』の書籍内で、一つ一つの資質に関して詳しく解説されていますので、ご安心ください。

ストレングス・ファインダーを受けてみてどうだったか?

私が「ストレングス・ファインダー」を受けた率直な感想は、「本当に、びっくりするぐらい当たる」でした。

「ストレングス・ファインダー」では、オンライン上で、約170個の質問に答えることで、自分の資質が導き出されるのですが、私はこういった「Web診断」の信憑性を疑っていました。

包み隠さず言うと、「Web診断」なんてその時の気分によって回答が変わるし、二回受けたら全く別人のような診断される可能性もあるし(実際されたこともあるし)、

仕事やプライベートが順調な時は、「超ポジティブな人」と診断されるし、失敗や挫折の直後であれば、「超ネガティブな人」と診断されるし、診断結果はあまり信用できないと思っていました。

私は、「ストレングス・ファインダー」を職場で複数人同時に受けたのですが、その複数人で、「ストレングス・ファインダー」の結果導き出された上位5つの資質を見て、

「この上位5つの資質をもつ人は誰か」

ということを当てるゲームをしたところ、「上位5つの資質」というヒントだけで、全員、誰かを当てることができました。

(このゲームを複数人で行うことで、お互いの資質を理解し合うことができますので、遊びでやっても面白いですが、業務上でも大きな価値があります)

私は、「上位5つの資質」というヒントだけで、誰かを特定することは難しいのでは?と思っていましたが、それぞれの言動と照らし合わせて考えていくと、「あっ、この人かも」ということが分かりました。

そして、複数人受けたメンバー全員が、「ちょっと意外なこと(得意と思っていたことがそうでなかったこと)はあったが、結果を見て、じっくり自分の言動を思い返すと当たっている」という感想をもっていました。

「なんで、分かるねん!」と今でも不思議に思いますが、びっくりするぐらい当たります。

ストレングス・ファインダーをどのように活用すれば良いか?

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』の書籍内で、一つ一つの資質に関して、それぞれの資質を持っている人が、どのような人間か?、どのような発言をするか?、

その資質を持っている人は、どのような行動をした方が良いか?その資質を持っている人達と、どのように一緒に働くのが良いか?ということが詳しく解説されています。

例として、私の最上位の資質である「学習欲」について、どのようなことが書かれているかを抜粋してご紹介しますが、

あなたは学ぶことが大好きです。あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。

「学習欲」が高い人たちの声:「何かを学んでいないと落ち着かないんです。」

行動アイデア:できる限り、技術や規則が常に変化する分野にキャリアを変更しましょう。これに対応しようと挑戦し続けることであなたはいきいきとします。

「学習欲」が高い人との働き方:この人が特定の分野で「第一人者」や「職場の専門家」となるのを奨励しましょう。

トム・ラス 著/古屋 博子 訳 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(2017)

とあります。

これは、本当に「私のことを昔からずっと隣で見てきたのか!?」と思えるぐらい、私のことを的確に捉えています。

『あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。』の部分は、思わず、「放っておいてくれ!」とツッコミました。

「確かに、学ぶことが大好きで、高校時代はずっと勉強してましたが、大学受験には落ちましたよ(泣)」と。

『何かを学んでいないと落ち着かないんです。』の部分も、声には出してませんが、毎日「あぁ、もっと学びたい、、、」と思っています。

(病気かと思ってましたが、資質だと分かりました)

『できる限り、技術や規則が常に変化する分野にキャリアを変更しましょう。これに対応しようと挑戦し続けることであなたはいきいきとします。』の部分も、私自身、複数の会社、複数の部門への転職や転籍を経験しており、

毎回ゼロからのスタートでしたが、逆にワクワクしていましたので、(新しいことを学ぶのが楽し過ぎましたので)これも「その通り!」としか言いようがありません。

『この人が特定の分野で「第一人者」や「職場の専門家」となるのを奨励しましょう。』の部分も、声を大にして奨励して欲しいと願っています。

(奨励されなくても、特定の分野を集中的に学習して、その分野の質問を勝手に受け付けるようになっていますが、、、)

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』に書かれてアドバイスは的確なので、そのアドバイスをしっかり読み、アドバイスを大いに参考にして、日々の生活や仕事、あなたのゴール設定や職業選定に活用してください!

まとめ

  • ストレングス・ファインダーは、アクセスコード付きの書籍を購入することで受けることができる
  • 大きく4つの力(人間関係構築力、影響力、実行力、戦略的思考力)に分類される34の資質のうち、あなたの資質(=生まれながらに持っている強みの元)の上位5つが分かる
  • ストレングス・ファインダーは、びっくりするぐらい当たる
  • 『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』に書かれた的確なアドバイスを大いに参考にして、日々の生活や仕事、あなたのゴール設定や職業選定に活用すること

本書を読むことで、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

注意事項:書籍についているアクセスコードは、1回しか利用できませんので、「ストレングス・ファインダー」を受けたい場合は、新刊を購入するようにしてください。

(中古本でも、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』の中身を読むことはできますが、アクセスコードは利用済の可能性が高いです)

「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像

2-6.人生のゴールの見つけ方(5)実体験から考える