VUCAの時代を生き抜くために必要な専門知識とスキルとは?

「悩み相談・解決策」のアイキャッチ画像

『7.悩みごとを解決したい』のカテゴリの記事では、私自身がこれまで悩んできたこと、そして、『お問い合わせ』からいただいた「お悩みごと」に対して、

あなた

「なぜ、悩んでしまうのか?」「どうすれば悩みが軽減されるのか?」「どうすれば悩みから解放されるのか?」

などについて、詳しく解説します。

ぜひ、あなたも日常生活や仕事で悩んでいる場合は『お問い合わせ』からご相談ください!

今回の「お悩みごと」は、

・VUCA(ブカまたはブーカ)の時代を生き抜くためには、どんな専門知識とスキルが必要なのか、、、

です。

ヤミシタ

現代は、移り変わりが激しく、不確実なことが多くて将来を見通すのが難しく、様々な要因が複雑に絡まり合い、今後どうなっていくのかが曖昧な世の中ですが、そんな時代でも、自分にとって必要な専門知識とスキルを身に着けて、たくましく生き抜いていくしかないです!

そもそもVUCA(ブカまたはブーカ)の時代とは?

変動性・不確実性・複雑性・曖昧性がある時代

現代は、VUCA(ブカまたはブーカ)の時代と言われていますが、

そもそもVUCAとは、

  • Volatility(変動性):課題が予想外、または、不安定で、どの程度続くかも分からない
  • Uncertainly(不確実性):問題が起こるかどうか、事前に予見することができない
  • Complexity(複雑性):数多くの要素が相互に関連していて、複雑に絡み合っている
  • Ambiguity(曖昧性):因果関係が分からず、前例もない課題に直面する

の4つの単語の頭文字をとった造語です。

あなた

「変動性」「不確実性」「複雑性」「曖昧性」の1だけでも嫌やのに、4つもあるの、、、? 勘弁して、、、

と思われたかもしれませんが、

VUCAの時代では、「変動性」「不確実性」「複雑性」「曖昧性」の4つすべてがあります。

『1-3.思考を変え人生を変える方法(3)起業家の思考をどんどんパクろう!』の記事にも書いているのですが、

  • 新型コロナウイルスの感染拡大
  • ITをはじめとする科学技術の急速な発展
  • 商品やサービスの開発スピードの高速化

などは、いずれもVUCAの時代を象徴するできごとであり、

不安

「新型コロナウイルスの感染拡大は、いつになったら終息するのか?」「果たして、本当に終息するのか?変異ウイルスが発生し続けるのでは?」「新型コロナウイルスより感染力も致死率も高いウイルスが発生したらどうしよう、、、」

などの不安や

困惑

「ITをはじめとする科学技術の進歩が速すぎるから、全然ついていかれへん!」「もちろん、ついていこうとはしてるけど、全部を網羅するのは到底ムリ!!」「一体、何をどのレベルまで理解しておけば良いのやら、、、」

などの困惑や

迷い

「次から次へと商品やサービスが超高速で開発されているから、すべての商品やサービスを把握できへん!」「次にどんな商品やサービスがヒットするのかも分からへん!!」「次は、何を買ったら(作ったら)良いんやろ、、、」

などの迷いが生じるのは、当然のことです。

ヤミシタ

VUCAの時代に対して、目まぐるしさ、息苦しさを感じてしまうかもしれませんが、そんな時代でも、たくましく生き抜くしかありませんので、VUCAの時代を生き抜くために必要な専門知識やスキルについて理解しておくことが大切です!

VUCAの時代では、どんな専門知識やスキルが必要なのか?

VUCAの時代では、どんな専門知識やスキルが必要なのか?というと

  • 「この専門知識、このスキルさえあれば大丈夫」と言うモノはない!
  • 「自分にとってのゴールを達成するために必要か?」がすべて!

です。

「この専門知識、このスキルさえあれば大丈夫」と言うモノはない!

VUCAの時代では、「変動性」「不確実性」「複雑性」「曖昧性」の4つすべてがあり、

自身を取り巻く環境が一刻、一刻と変化していくので、求められる専門知識、スキルも変わり

「この専門知識、このスキルさえあれば大丈夫」

言えるモノは、残念ながらありません、、、

あなた

えぇ!? VUCAの時代を生き抜くために必要な専門知識とスキルをピンポイントで教えてくれるんじゃないの!?

と思われたかもしれませんが、

VUCAの時代では、

  • 突然、何が起るか分からない、、、(いきなり、新型コロナウイルスとかが発生する!)
  • 科学技術がどんどん進歩する、、、(AI、IoT、AR、VR、5G、RPA、ブロックチェーン、量子コンピューター、3Dプリンター、ドローン、、、など最新技術は無数にある)
  • 商品やサービスも次々に開発される、、、(すべての商品やサービスを把握できない!)

ので、「この専門知識、このスキルさえあれば大丈夫」というモノがないのが現実です。

VUCAの時代は、絶対的な答えがない時代=自分で納得できる答えを作っていく時代という認識が必要で、

「この専門知識、このスキルさえあれば大丈夫」というモノがないことを前提にして、

  • 専門知識やスキルを更新し続けること
  • 学び続けること、考え続けること
  • 試行錯誤しながら、自らを破壊し続けること(自分を変え続けること)

が求められます。

ヤミシタ

VUCAの時代では、常に環境(状況)が変化するので、誰かに答えを求めるのではなく(あくまで参考にして)、その環境(状況)に応じて、自ら考えて、判断して、行動してみて、自分で納得できる答えを作っていくことが大切です!

「自分にとってのゴールを達成するために必要か?」がすべて!

あなた

ほな、VUCAの時代では、どんな専門知識やスキルを身に着けたら良いの、、、?

と思われたかもしれませんが、

自分にとって必要な専門知識やスキルは、それぞれの達成したいゴールによって変わるので

「自分にとってのゴールを達成するために必要か?」

がすべての基準であり、

  • ゴールを達成するために必要であれば、どんな専門知識やスキルも身に着ける!
  • ゴールを達成するために不要であれば、どんな専門知識やスキルも手を出さない!

ことが求められます。

『5-21.短時間で成果を残す原則(20)情報中毒者には、絶対にならない!』の記事にて、

情報は、目的やゴールを達成するために使うもので、それらを達成できればそれで十分

であり、専門知識やスキルにも同じことが言えて、

専門知識やスキルも、目的やゴールを達成するために使うもので、それらを達成できればそれで十分

です。

広告や宣伝

「今の時代では、●●という専門知識が必須ですよ!」「▲▲というスキルがあれば、ニューノーマルの時代でも大丈夫!」「まだ、周りの人が知らない専門知識、身に着けていないスキルを習得すれば、一気に差をつけることができます!!」

など、将来の先が見えない(非常に見通しにくい)不安を煽ってくる広告や宣伝を見かけますが、

必要な専門知識やスキルは、達成したいゴールによって異なるので、安易に飛びつくのは控えてください!

ヤミシタ

広告や宣伝では、不安や恐怖を利用してくるのはもちろん、「先着■■名限定です!」など緊急性、希少性も利用してくるので、ぐれぐれも注意して、必ず、「自分にとってのゴールを達成するために必要か?」を見極めることが大切です!

「この専門知識、このスキルさえあれば大丈夫」と言うモノはないので、自分にとってのゴールを達成するために必要な専門知識やスキルを、必要に応じて身に着ければ良く、

それは、誰かや何かが決めるモノではなく、自分自身で選択していけば良いです!

なぜ、専門知識やスキルが必要なのか?

なぜ、専門知識やスキルが必要なのか?というと、

  • 言われたことをきっちりやれば良い時代ではないから
  • 希少性にこそ価値があるから

です。

言われたことをきっちりやれば良い時代ではないから

VUCAの時代は、絶対的な答えがない時代=自分で納得できる答えを作っていく時代なので、

言われたことを、速く、正確に、効率よく、きっちりやれば良い時代でもありません。

過去のモノが不足している時代、技術が人の求めるレベル(人が理解できるレベル)に到達していない時代では、

  • モノを作れば売れる
  • 人の求めるレベルまで、技術を進歩させれば売れる

という明確な答えがあり、言われたことを、きっちりやることが大切な時代でしたが、

VUCAの時代では、

  • モノ(商品やサービス)で溢れているので、何を作れば売れるか分からない、、、
  • 技術が、人の求めるレベル(人が理解できるレベル)を超えてしまっているので、単純に、技術を進歩させれば売れる訳ではない、、、

という明確な答えがないので、言われたことだけをきっちりやるのではなく、自分で考えて、判断して、行動して、試行錯誤しながら、答えを見つけていく、作っていくことが必要です。

ヤミシタ

技術が、人の求めるレベル(人が理解できるレベル)を超えてしまっている例は、写真やテレビの画素数(4Kと8Kとか、目では差が分からない、、、)などがあり、「そこまで高機能でなくても良い(そこそこの機能でも安い方が良い)」状態なので、技術の進歩だけが明確な答えとは言えなくなっています、、、

そして、誰かや何かに対する課題の解決策を、自分で考えるには、専門知識(知ること)が必要であり、(知らなければ、深く考えることができませんので、、、)

専門知識(知ること)を材料にして、自分で考えて、判断して、実際に行動してみて、

  • 誰かや何かに対する課題をうまく解決できたのか?
  • 解決できた場合は、何が、成功の主要因であったのか?
  • 解決できなかった場合は、何が、失敗の根本原因であったのか?

を分析して、試行錯誤しながら、誰かや何かに対する課題解決できるスキル(能力)を身に着けていくことが求められます。

ヤミシタ

「言われたことをきっちりやれば良い」のであれば、専門知識もスキルも必要ありませんが、VUCAの時代を生き抜くには、自分の頭で考える必要があり、考えるための専門知識、試行錯誤しながら課題解決できるスキルが必要になります!

希少性にこそ価値があるから

そして、「言われたことをきっちりやれば良い」わけではないVUCAの時代では、知識(だけ)が豊富で従順である人材よりも、

専門知識に基づく自分の考えをもっており、試行錯誤しながら身に着けた誰かや何かの課題を解決できるスキルをもっている希少な人材にこそ価値があります。

知識(だけ)が豊富で、

知識(だけ)
豊富な人

知識(だけ)では、誰にも負けません! 雑学大好きなので!!

などと言われても、そこから自分なりの考えをもっていなければ、自分なりの納得できる答えを作り出していなければ、あまり価値がなく、

単純な知識(だけ)では、インターネットで調べれば誰でも分かるので、希少性がありません。

専門知識から、自分なりの考え、自分なりの納得できる答えを作り出してこそ、その考えや納得できる答えは、他の誰でもないあなただけの独自で希少な考えや答えなので、価値が生まれます。

更に、従順であり、言われたことを、速く、正確に、効率よく、きっちりやったとしても、

従順な人

言われた通りやりましたが、うまく行きませんでした! っで、次はどうすれば良いですか!?

など、失敗を報告して、次の指示を待つだけでは、あまり価値はなく、

自分なりの考え、自分なりの納得できる答えに基づき、判断して、行動して、試行錯誤しながら磨かれた、誰かや何かに対する課題解決できるスキルは、より貴重なものになります!

ヤミシタ

絶対的な答えがないVUCAの時代では、専門知識から独自で希少な自分の考え、自分なりの納得できる答えを作り出している人材、更には、挑戦と失敗から学び、試行錯誤しながら身に着けた課題解決スキルをもっている人材が求められています!

どのように、専門知識やスキルを身に着けると良いのか?

どのように、専門知識やスキルを身に着けると良いのか?というと

  1. 自分にとってのゴールを完全に明確にする
  2. すでに、ゴールを達成している人を探す(そして、パクる)
  3. 情報を浴び、大量行動により経験を積む

と良いです。

自分にとってのゴールを完全に明確にする

自分にとって必要な専門知識やスキルは、それぞれの達成したいゴールによって変わるので、

何よりもまず、自分にとってのゴールを完全に明確にする必要があります。

『2-1.自分の人生を生きるには、何よりもまず人生のゴールを完全に明確にすること』の記事でもご紹介しているのですが、

ゴールを完全に明確にするとは、ゴールを「SMART(スマート)なゴール」にすること、すなわち

  • Specific(具体的):曖昧さがなく、誰が読んでも分かること
  • Measurable(測定可能):達成できたかどうか、確認できること
  • Attractive(魅力的):考えただけで、ワクワクすること
  • Realistic(現実的):現実的に考えて、達成可能なこと
  • Time-bound(期限):期限が明確であること

の5つの要素を満たしているゴールにすることです。

5つの要素の中でも、特に、Attractive(魅力的)の要素が重要であり、自分にとっての達成したいゴールが魅力的で、寝ても覚めてもワクワクするものであればあるほど、

専門知識を材料にして、自分なりの考え、自分なりの納得できる答えを作り出すことも、それらを基に判断して、行動して、試行錯誤しながら課題解決スキルを身に着けていくことにも、夢中で没頭できるようになります!

ヤミシタ

専門知識を材料にして「どれだけ自分の考えを深められるか?」、失敗や挫折を経験しながらも「どれだけ試行錯誤して、スキルを磨けるか?」も、すべては「達成したいゴールが魅力的かどうか?」次第と言っても過言ではありません!

すでに、ゴールを達成している人を探す(そして、パクる)

自分にとってのゴールを完全に明確にすることができたら、次は、

  • すでに、ゴールを達成している人を探すこと
  • そして、その人の思考を、特に、「何を重要と考えているか?」をパクること

が大切です。

あなた

「えっ、今まで、散々(くどいぐらいに)、自分なりの考え、自分なりの納得できる答えを作り出すことが大切って言うてたやん!!」「自分で考えて、判断して、試行錯誤して、課題解決できるスキルを身に着けるべきって言うてたやん!?」

と思われたかもしれませんが、

ゼロからすべて自分で考える、自分で試行錯誤するのは、あまりにも効率が悪いので、

  • 本などを読んで専門知識を詰め込んでから、自分なりの考えを作り出す
  • すでに、ゴールを達成している人の思考を使って、判断して、行動してみる
  • 更に、その結果から、自分で考えて、試行錯誤して課題解決スキルを身に着ける

という、「守・破・離」のステップを実行することが大切です!

ヤミシタ

人生とは、あなたに残された時間であり、その時間はいつまであるのか誰にも分からないので、自分にとってのゴールを達成するために、使えるのもは何でも使うこと(もちろん犯罪はNG)、それから自分で考えて、試行錯誤すると良いです!

情報を浴び、大量行動により経験を積む

そして、自分にとってのゴールを完全に明確にすることができ、すでに、ゴールを達成している人を探し出せたら、(いなければ、少しでも「このように成りたい!」と思える参考にできる人)

  • ゴールを達成するために必要な情報(専門知識)を浴びること
  • すでに、ゴールを達成している人(成功者)の思考を徹底的にパクること
  • 詰め込んだ専門知識と、成功者の思考に基づき、大量行動により経験を積むこと

が必要であり、

大量行動により積み重ねた経験から、更に、自分なりの納得できる答えを作り出すこと、誰かや何かの課題を解決できるスキルを身に着けることが大切です。

情報を浴びることで詰め込んだ専門知識や自分が行動したことによって得られた経験は、あくまで考える材料であり、そこから自分自身の思考を洗練させること、誰かや何かの課題を、より効率良く、かつ、より効果的に解決できるアイデアやスキルに変えることが重要です!

ヤミシタ

VUCAの時代は、考え続けること、試行錯誤し続けることが求められる時代であり、それは、自分を成長させて、他人や社会に貢献し続ける時代とも言えるので、自分の成長により、他者(社会)貢献できることを楽しみ続けると良いです!

まとめ

  • VUCAの時代では、「変動性」「不確実性」「複雑性」「曖昧性」の4つすべてがあること
  • VUCAの時代では、自分にとってのゴールを達成するために必要な専門知識やスキルを、必要に応じて身に着ければ良いこと
  • VUCAの時代では、自分なりの考え、自分なりの納得できる答えを作り出すこと、そして、自分で判断して、行動して、試行錯誤しながら、課題解決スキルを身に着けること

VUCAの時代に対して、目まぐるしさ、息苦しさを感じてしまうかもしれませんが、自分にとってのゴールを完全に明確にして、ゴールを達成するために必要な専門知識やスキルを素早く身に着けて、

自分を変え続けること=成長し続けることにより、他者や社会に貢献し続けることができることを楽しむことで、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「思考を変えれば人生が変わるとは」のアイキャッチ画像
「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像
「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像
7.悩みごとを解決したい