プロジェクトについて

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-21.プロジェクトを成功に導く秘訣(20)プロセスを可視化する

「プロセス」には、「工程(仕事や作業を進めていく順序)」や「過程(ある結果に達するまでの道筋)」という意味があり、「プロセスの可視化」では、これからの未来に対する「今後の進め方」とこれまでの過去に対する「今までの道筋」を明らかにする2つの可視化が大切です!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-20.プロジェクトを成功に導く秘訣(19)『7つの習慣』に従う

『7つの習慣』に従うことは、『1-7.思考を変え人生を変える方法(7)この人の思考になれたら、人生は好転する』の記事で紹介した「加藤 将太さん」が実践している秘訣です。加藤さんは、人と協力して何かを成し遂げる際には、必ず、『7つの習慣』に従うことが大切と言われています!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-19.プロジェクトを成功に導く秘訣(18)プロトタイプを作成する

プロジェクトでは、社内外を含めた多くの関係者で「協力して何かを作る」ということがほとんどですが、「何かを作る」際は、いきなり完成品を作るのではなく、まずは、試作品(プロトタイプ)を作ることで、意見を出し合い、認識を合わせて、完成品に反映させることが大切です!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-18.プロジェクトを成功に導く秘訣(17)「スコープ」を曖昧にしない

「スコープ」とは、「プロジェクトの範囲」のことで、「プロジェクトの範囲」とは、今回のプロジェクトの「期間」と「コスト」の中で、「どこまでの要件を実現するのか?」「どの範囲まで作業を行うのか?」「やるのか?やらないのか?」を関係者で明確に決めることになります!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-17.プロジェクトを成功に導く秘訣(16)すべての情報をすぐ使えるようにする

プロジェクトでは、社内外含めて多くの関係者が参加し、様々な情報を扱い、その情報は、日々、更新されていきますので、「あれ、あの情報どこいった、、、?」「うん、これ最新版か、、、?」など、関係者が情報をすぐに使えない状況に陥らないようにするために、注意が必要です!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-16.プロジェクトを成功に導く秘訣(15)「お客様」と「現場」を第一に考える

プロジェクトのありとあらゆる意思決定の場面で、「お客様」と「現場」を第一に考えることが大切です! プロジェクトのゴールを設定する際も、課題の解決策を決定する際も、「現場がお客様に価値を提供しやすくなるか?」という問いに対して、「Yes」でなければいけません!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-15.プロジェクトを成功に導く秘訣(14)良さを最大限に引き出す!

プロジェクトでは、様々な良さ(「強み」や「得意分野」)を持つメンバーと一緒に協力して、中長期的なプロジェクトゴールを目指すことになりますので、各メンバーの「良さを最大限に引き出す!」ことで、チームとしてのパフォーマンスも最大限に向上させることが大切です!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-14.プロジェクトを成功に導く秘訣(13)猛烈な反省から始める

プロジェクトでは、「何かを変える」取り組みをすることがほとんどですが、「何をか変える」には、「猛烈な反省から始める」ことが大切です! 過去を振り返り、猛烈に反省し、「このままではいけない!」と実感してこそ、未来に向けて、力強く行動することができます!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-13.プロジェクトを成功に導く秘訣(12)やってみせてから、やらせる

プロジェクトは、複数人で協力して同じゴールを目指す活動であり、複数人で納得感を高めて意思決定する方法、計画の立て方、課題解決のやり方、コミュニケーションの取り方など、定常業務ではなかなか経験できないことを学べる、人を成長させるには、最高の場となります!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-12.プロジェクトを成功に導く秘訣(11)私心を捨てて、献身的になる

プロジェクトでは、社内、社外含めて多くの関係者がプロジェクトに携わります。関係者間で利権争いをしていては、プロジェクトゴールを達成できませんので、「私心を捨てて、献身的になる」ことで、関係者間で協力して、プロジェクトゴールの達成を目指すことが大切です!