時間の使い方について

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-25.ゴールの達成に集中する極意(23)犠牲にすることを決める

世の中のどんなことにも「トレードオフ(何かを得ると、別の何かを失う相容れない関係)」がついてきます。 何かを選ぶことは、何かを捨てること、何かに対して「Yes」と言うことは、その他すべてのことに対して「No」と言うことで、「トレードオフ」からは逃れられません!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-24.ゴールの達成に集中する極意(22)過去最高を更新し続ける

誰しも、他人の結果は気になるものですが、他人を気にしても仕方ないので、自分の「過去最高を更新し続ける」ことに集中して、ゴールを達成するために必要な行動を継続することが大切です! 過去最高を更新できることはスゴイことなので、しっかりと自分を褒めてあげてください!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-23.ゴールの達成に集中する極意(21)いつまでも、悔しさを忘れない

過去に経験した「悔しい気持ち」は、行動を起こし、その行動を継続するための、強いモチベーションになるので、未来のために活かすことが大切です! 「悔しい想い」をすればするほど、未来をよりよくするための行動量を増やすこと、その行動を維持することができます!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-22.ゴールの達成に集中する極意(20)頭寒足熱(ずかんそくねつ)+おまけ

冷静さを失った際に、よく「頭を冷やせ!(落ち着け!)」と言われますが、実際に、頭に熱がこもらないようにする(頭を涼しい状態に保つ)と、学習などに集中することができます! その際、頭は涼しい状態にしても、足(とお腹)は温めておいた方が良いです!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-21.ゴールの達成に集中する極意(19)できることに専念する

世の中には、自分ではどうしようもできないことがたくさんあります、、、。しかし、自分で何とかできることも、いくらでもあります! 自分ではどうしようもできないことを一切考えず、「できることに専念する」ことで、ゴールの達成に必要な行動を積み重ねることが大切です!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-20.ゴールの達成に集中する極意(18)ゆっくりよく噛んで食べる

『えっ?「ゆっくりよく噛んで食べる」ことが極意!?』と思われたかもしれませんが、「ゆっくりよく噛んで食べる」ことで、胃腸にかかる負担を減らすこと、脳を活発に働く状態に保つこと、更には、睡眠の質を高めることもできるので、良い生活習慣を生み出す起点になります!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-19.ゴールの達成に集中する極意(17)自分を変えることに集中する!

絶対に達成したい「中長期的なゴール」を達成するには、「今の自分を変える!」必要があります。そして、変化を起こすには、大きな力と勇気が必要不可欠なので、「ゴールの達成に集中すること」=「自分を変えることに集中すること」と言っても過言ではありません!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-18.ゴールの達成に集中する極意(16)「エントロピー増大の法則」を理解する

「エントロピー増大の法則」とは、「秩序があるものは、放っておくと、無秩序な状態へと変化していくこと」であり、仕事や日常生活を行ううえでも、すべての事象に当てはまるものなので、しっかりと理解し、無秩序な状態にならないように、創意工夫して対処することが大切です!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-17.ゴールの達成に集中する極意(15)「足芯呼吸」で気持ち良くなる

集中力を維持するには、心を整えることが大切ですが、心を整えるには、まず、呼吸を整えることから始めると良いです! 私は、「足芯(そくしん)呼吸」という呼吸法を行うことで、まずは、呼吸を整えて気持ち良くなって、それにより心も整えて、集中力を維持しています!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-16.ゴールの達成に集中する極意(14)「周辺視野」を使って視る

目の近くにあるパソコンや本ばかり視ていると、目はすぐに疲れてしまいます。しかし、遠くの自然(山や海など)を何時間視ていても、目は疲れることはありません。その理由は、遠くの自然を視ているときは、「周辺視野」を使って、全体を見渡すように視ているからです!