4-21.ゴールの達成に集中する極意(19)できることに専念する

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像

「4-20.ゴールの達成に集中する極意(18)ゆっくりよく噛んで食べる」の記事にて、

・「ゆっくりよく噛んで食べる」ことで、胃にかかる負担を減らし、脳を活発に働く状態に保って欲しいこと

をお伝えしましたが、本記事では、ゴールの達成に集中する極意である

・できることに専念する

について詳しく解説します。

ヤミシタ

世の中には、自分ではどうしようもできないことがたくさんあります、、、。しかし、自分でできることも、山ほどあります。自分で「できることに専念する」ことで、ゴールの達成に必要な行動を積み重ねることが大切です!

「できることに専念する」とは?

「できることに専念する」とは、

  • できないことを考えないこと
  • できることを探し、できることを積み重ねること

です。

できないことを考えないこと

世の中には、自分ではどうしようもできないことがたくさんあります。

  • 既に、起こってしまったことを変更すること。無かったことにすること
  • 自分の生まれる家庭や環境を選択すること
  • 他人と能力を入れ替えること
  • 未来を完全に予測すること
  • 天候や自然を支配すること
  • 他人を100%意のままに動かすこと
  • 永遠に生き続けること

など、できないことは、数えきれないほどあります。

できないことは、いくら考えても、どうしようもできないので、考えても仕方ありません。

なので、私は、できないことは、一切考えないことにしています。

できることを探し、できることを積み重ねること

自分ではどうしようもできないことは、数えきれないほどありますが、自分でできることもたくさんあります。

  • 既に、起こってしまったことから気づきや学びを得て、今後に活かすこと
  • 自分の生まれた家庭や環境に感謝して、家族を大切にし、地域貢献すること
  • 他人とは比較せずに、過去の自分と比較して、自分の能力を磨いていくこと
  • 未来に起こる出来事を予想して、柔軟に対応できる準備を行うこと
  • その時々の天候を楽しむこと。自然災害に対する備えをすること
  • 他人の役に立つこと。笑顔に、幸せにできるように努力を続けること
  • 残りの人生を、限られた時間を「本当に重要なこと」「本当に大切な人」に使うこと

など、自分でできることも、山ほどあります。

「今、この瞬間、自分に何かできるのか?」「何をするのが最善なのか?」

など、できることを探し、できることを一つずつ積み重ねることが重要です。

なぜ、「できることに専念する」ことが大切なのか?

なぜ、「できることに専念する」ことが大切なのか?というと、

  • 悩んでいる時間などが勿体ないから
  • できることは、いくらでもあるから

です。

悩んでいる時間などが勿体ないから

世の中には、自分ではどうしようもできないことがたくさんありますが、

  • できないことに思い悩むこと
  • できないことで落ち込むこと
  • できなかったことに言い訳すること

など、できないこと(できなかったこと)に時間を使うことは、非常に勿体ないことです。

あなたの時間も、エネルギー(気力と体力)も、お金も有限です。

無限にある訳ではなく、非常に貴重で、少しもムダにできないものです。

貴重な時間、エネルギー(気力と体力)、お金を、できないこと(できなかったこと)に奪われるのは、本当に勿体ないことなので、金輪際、何も奪われないようにすることが重要です。

できることは、いくらでもあるから

世の中には、自分ではどうしようもできないことがたくさんありますが、その反面、自分でできることもいくらでもあります。

もし、「これ以上、何もできることが無い、、、」と感じたら、それは、想像力が足りていないからです。

  • 失敗してしまった原因は、●●では?次は、●●を改善すればうまくいくのでは?
  • 近い将来、■■が発生するのでは?柔軟に対応するには、今から準備しておこう!
  • 自分にとって「本当に重要なこと」「本当に大切な人」は▲▲やな、、、。今からは、一分一秒もムダにしないで、▲▲のために、時間とエネルギー(気力と体力)を使おう!

など、考えれば考えるほど、想像すれば想像するほど、できることは増えていきます。

できることを考えまくって、想像しまくって、妄想しまくって、

「できることが有りすぎて困るな~」

と思えるぐらいが、最高です(笑)

どのように、「できることに専念する」と良いのか?

どのように、「できることに専念する」と良いのか?というと、

  • できないこと(できなかったこと)を理由とともに書き出す
  • できること(できるようになること)を書き出す
  • 優先順位を決めて行動する

と良いです。

できないこと(できなかったこと)を理由とともに書き出す

「1-5.思考を変え人生を変える方法(5)どうすれば思考に磨きをかけられるのか?」の記事でも書いているのですが、

自分の思考に磨きをかけるには、できることを明確にして、「できることに専念する」には、

「書き出す」→「まとめる」→「伝える」のステップを踏むことが有効です。

「できることに専念する」には、まず、できないこと(できなかったこと)を理由とともに書き出すことで、

  • 自分ではどうしようもできないこと(できなかったこと)は、何なのか?
  • なぜ、できないのか?(できなかったのか?)
  • それは、これからもずっとできないのか?(今でもできないのか?)

を明確にすることが大切です。

できないこと(できなかったこと)を明確にすることで、できることも明確になります。

できること(できるようになること)を書き出す

過去にできなかったことは、今はできることになっている可能性があります。

今、できないことは、未来にはできることになる可能性もあります。

過去、現在、未来の時間軸を意識して、できること(できるようになること)を書き出すことで、

  • 過去にできなかったことで、できるようになったことは何なのか?
  • 今、現在、できることは何なのか?
  • 今できないことで、今後はできるようになることは何なのか?

を明確にすることが大切です。

できること(できるようになること)を明確にすることで、優先順位を付けれるようになります。

優先順位を決めて行動する

できること(できるようになること)が明確になったら、優先順位を決めてから、「できることに専念する」必要があります。

優先順位を付ける際は、

  • ゴールの達成に直結する「できること」は何か?
  • 「良循環」を起こせるような、「これさえできれば、他もうまくいく」ような「できること」は何か?
  • 将来できるようになることを見据えて、今行っておくべき「できること」は何か?

を考えて、優先順位を決めることが大切です。

優先順位が明らかになってこそ、「できることに専念する」ことが可能となります。

優先順位が曖昧な状態では、「できることに専念する」ことはできません。

また、優先順位を最終決定する際には、自分で優先順位を決めた後に、誰かに「伝える」ことで、アドバイスをしてもらうこと、意見を取り入れること、考えを改めることで、更に、優先順位を確かなものにすることが有効です。

まとめ

  • できないことは、一切考えないで、できることを探し、一つずつ積み重ねること
  • できないこと(できなかったこと)に、時間、エネルギー(気力と体力)、お金を奪られないようにすること
  • 優先順位をつけて「できることに専念する」こと

世の中には、自分ではどうしようもできないことが多過ぎるので、嫌になってくる気持ちは、とても、とても、とても、・・・分かりますが、できないこと(できなかったこと)に時間、エネルギー(気力と体力)、お金を奪われては勿体ないので、

「できることに専念する」ことで、できることを積み重ねることで、あなたの時間、エネルギー(気力と体力)、お金を有意義に使い、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「思考を変えれば人生が変わるとは」のアイキャッチ画像

1-5.思考を変え人生を変える方法(5)どうすれば思考に磨きをかけられるのか?

4.ゴールの達成に集中したい