「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像3.心を最高の状態に保ちたい

3-25.心をフロー状態に保つ考え方(21)相手の感情に流されない

相手が「怒っている」「落胆している」からといって、あなたも「怒る」「落胆する」必要はありません。 相手の負の感情に流されても、何一つ良いことがないので、相手の負の感情に流されないで、心を「揺らがず」「捉われず」あるがままで自然な状態に保つことが大切です!

「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像3.心を最高の状態に保ちたい

3-24.心をフロー状態に保つ考え方(20)いつからでも、何回でもやり直せる

いつからでも、何回でもやり直せるのは、もちろん、あなたの「人生」です。何歳からでも、何回挫折や失敗を経験したとしても、自分で自分の「人生」=「残された時間」をどう生きるのかを決める限り、好きなタイミングで、自分の「人生」を生きることができます!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-21.プロジェクトを成功に導く秘訣(20)プロセスを可視化する

「プロセス」には、「工程(仕事や作業を進めていく順序)」や「過程(ある結果に達するまでの道筋)」という意味があり、「プロセスの可視化」では、これからの未来に対する「今後の進め方」とこれまでの過去に対する「今までの道筋」を明らかにする2つの可視化が大切です!

「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像5.短時間で成果を残したい

5-21.短時間で成果を残す原則(20)情報中毒者には、絶対にならない!

「情報中毒者」とは、情報を集めることに最大の喜びを感じ、ありとあらゆる情報を集め続けてしまう人たちのことです。情報は、集めただけでは何の意味もなく、目的やゴールを達成する為に使ってナンボであり、「いかにうまく使えるか?」を考えることが大切です!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-23.ゴールの達成に集中する極意(21)いつまでも、悔しさを忘れない

過去に経験した「悔しい気持ち」は、行動を起こし、その行動を継続するための、強いモチベーションになるので、未来のために活かすことが大切です! 「悔しい想い」をすればするほど、未来をよりよくするための行動量を増やすこと、その行動を維持することができます!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-22.ゴールの達成に集中する極意(20)頭寒足熱(ずかんそくねつ)+おまけ

冷静さを失った際に、よく「頭を冷やせ!(落ち着け!)」と言われますが、実際に、頭に熱がこもらないようにする(頭を涼しい状態に保つ)と、学習などに集中することができます! その際、頭は涼しい状態にしても、足(とお腹)は温めておいた方が良いです!