3-24.心をフロー状態に保つ考え方(20)いつからでも、何回でもやり直せる

「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像

『3-23.心をフロー状態に保つ考え方(19)「逆境」を喜ぶ』の記事では、

  • 「逆境」を経験することで、苦労の分だけ成長でき、たとえ失敗しても何かしらの「気づき」や「学び」を得ることができるので、「逆境」には喜んで立ち向かって欲しいこと
  • 「逆境」に直面するのを待つのではなく、自ら成長できる場、新しい可能性を発見できる機会=「逆境」を追い求めて欲しいこと

をお伝えしました。

今回の記事も含めて複数の記事で、心を「揺らがず」「捉われず」あるがままで自然な状態=フロー状態に保つ考え方をご紹介しますが、

心をフロー状態に保つ方法や考え方に絶対的な正解はなく、どんな方法、どんな考え方でも自分が「心をフロー状態に保つ」ことができればそれで良いので、ぜひ、あなたに最適な方法、考え方で心をフロー状態に保ち、常に、自分の能力を最大限に発揮してください!

本記事では、『心をフロー状態に保つ考え方』の20個目である

・いつからでも、何回でもやり直せる

という考え方をご紹介します。

ヤミシタ

いつからでも、何回でもやり直せるのは、もちろん、あなたの「人生」です。何歳からでも、何回挫折や失敗を経験したとしても、自分で自分の「人生」=「残された時間」をどう生きるのかを決める限り、好きなタイミングで、自分の「人生」を生きることができます!

「いつからでも、何回でもやり直せる」とは?

「いつからでも、何回でもやり直せる」とは、

  • 何歳からでも、自分の人生を生きることができる
  • 何回挫折や失敗をしても、自分の人生を生きることができる
  • 好きなタイミングで、自分の人生を生きることができる

ということです。

何歳からでも、自分の人生を生きることができる

「いつからでも、何回でもやり直せる」のは、あなたの人生です。

『本サイトの目的は、あなたの悩みを少しでも「軽くする」「取り除く」こと』の記事でも書いているのですが、

人生とは、あなたに「残された時間」のことです。

何歳になったとしても、何歳からであっても、「残された時間」をどのように使うかを決めるのは、自分です。

自分でその決断を手放さない限り、何歳からでも、自分の人生を生きることができます。

ヤミシタ

自分で「残された時間」をどのように使うかを決めて、自分で決めた「本当に大切な人」「本当に重要なこと」に時間、エネルギー(気力と体力)、お金を集中投下することが、自分の人生を生きることになります!

何回挫折や失敗をしても、自分の人生を生きることができる

たとえ、何回挫折や失敗を経験したとしても、「残された時間」をどのように使うかを決めるのは、自分です。

挫折や失敗を多く経験することで、

周りの人

それだけ挫折や失敗してるんやったら、もうムリちゃう?

とか

周りの人

えっ!?まだやるの!?これ以上挑戦するのは、無謀やと思うけど、、、

とか

周りの人

いったい、何回挫折や失敗を経験したら諦めるの、、、?

など、誰に何と言われようが、「残された時間」をどのように使うかは、あなた自身が、自分で決めれば良いです。

誰にも、何にも、あなたの「残された時間」をどのように使うかを決める権利はなく、自分の「残された時間」をどのように使うかを決める権利を持っているのは、自分だけです。

ヤミシタ

たとえ、何回挫折や失敗を経験したとしても、「それだけ多くのことに気づき、学びを得てきた」「一番挫折や失敗を経験してきたので、一番成長している」と考え、ゴールを達成するための挑戦を続けるかどうか決めるのは、自分自身です!

好きなタイミングで、自分の人生を生きることができる

あなたの人生なので、自分に「残された時間」をどのように使うかは、自分の好きなタイミングで決めることができます。

あなた自身が、自分に「残された時間」をどのように使うかを決めた瞬間から、実際に、自分で決めた「本当に大切な人」「本当に重要なこと」に対して、時間やエネルギー(気力や体力)、お金を集中投下し始めた瞬間から、自分の人生を生きることができます。

ヤミシタ

何歳であっても、何回挫折や失敗を経験していても、自分に「残された時間」をどのように使うかを決断するタイミングは、自分で決められます!世間や常識に縛られず、勇気をもって決断した瞬間から、自分の人生を生きることができます!

なぜ、「いつからでも、何回でもやり直せる」と考えることが大切なのか?

なぜ、「いつからでも、何回でもやり直せる」と考えることが大切なのか?というと、

  • どんな時も、何があっても、心をフロー状態に保てるから
  • 思う存分、今、この瞬間に集中できるようになるから

です。

どんな時も、何があっても、心をフロー状態に保てるから

「いつからでも、何回でもやり直せる」と考えることで、どんな時も、何があっても、心を「揺らがず」「捉われず」あるがままで自然な状態に保つことができるようになります。

  • 何歳になっても、「いつからでも、何回でもやり直せる」
  • 何回挫折や失敗を経験しても、「いつからでも、何回でもやり直せる」
  • 好きなタイミングで、「いつからでも(今、この瞬間からでも)、何回でもやり直せる」

繰り返し自分に言い聞かせることで、辛い時も、大変な目にあった場合でも、心を「揺らがず」「捉われず」あるがままで自然な状態に保ち、

「残された時間」をどのように使うかを自分で決めて、それを実行することで、自分の人生を生きることができます。

ヤミシタ

普段から「いつからでも(今、この瞬間からでも)、何回でもやり直せる」と繰り返し繰り返し自分に言い聞かせる(自分の頭を洗脳する)ことで、どんな時も、何があっても心をフロー状態に保ち、自分の能力を最大限に発揮できます!

思う存分、今、この瞬間に集中できるようになるから

「いつからでも、何回でもやり直せる」と考えることで、思う存分、100%、今、この瞬間に集中できるようになります。

何歳からでも、何回挫折や失敗を経験しても、好きなタイミングで、「残された時間」をどのように使うかを自分で決めて、その瞬間から、自分の人生を生きることができるので、

今、この瞬間、「これを絶対に達成する!」「この人を絶対に大切にする!」と決めたことに対して、過去に捉われることも、将来に不安を感じることもなく、全身全霊をかけることができます。

過去に捉われたり、将来に不安を感じてしまう(心が揺らいでしまう)と、今、この瞬間に、思う存分集中できなくなり、自分の能力を最大限に発揮できなくなってしまいます、、、

ヤミシタ

どんな時も、何があっても「いつからでも、何回でもやり直せる」と考えて、過去にも、未来にも捉われず、今、この瞬間に、思う存分集中して、その場その場で、自分の能力を最大限に発揮することが大切です!

どのように、「いつからでも、何回でもやり直せる」と考えると良いのか?

どのように、「いつからでも、何回でもやり直せる」と考えると良いのか?というと、

  • 常に自分と向き合う
  • いつも素直になる

と良いです。

常に自分と向き合う

『1-3.思考を変え人生を変える方法(3)起業家の思考をどんどんパクろう!』の記事でも書いているのですが、

現在は、VUCA(ブカまたはブーカ)の時代であり、

(※VUCAとは、Volatility:変動性、Uncertainly:不確実性、Complexity:複雑性、Ambiguity:曖昧性の頭文字をとった造語のこと)

時代の流れ(科学技術の進歩など)が非常に速く、取り巻く環境が次々に変化し、将来が不確かで見通しにくく、様々な要因が複雑に絡み合い、曖昧なことも多い世の中です。

時代の流れ(科学技術の進歩など)や環境の変化に伴い、「残された時間」をどのように使うかは、当然、変わってきます。

変わらざる負えないとも言えます、、、(泣)

時代の流れ(科学技術の進歩など)が速くても、環境の変化が次々に起こっても、自分の人生を生きるには、常に自分と向き合い、「残された時間」をどのように使うかを考える必要があり、

自分に「残された時間」で

  • 本当に達成したいことは何なのか?
  • 本当に大切な人は誰なのか?
  • 本当に重要なことは何なのか?

常に自問自答することで完全に明確にし、「残された時間」をどのように使うかを決めて、それらを実行し、自分の人生を生きることが大切です。

ヤミシタ

本当に嫌になってしまうぐらい、時代の流れが速く、取り巻く環境も次々に変わりますが、自分の人生=残された時間を手放しては絶対にダメで、常に、「自分がどう生きたいのか?」「自分の時間をどう使いたいのか?」考え続けてください!

いつも素直になる

「いつからでも、何回でもやり直せる」を実践するには、常に自分と向き合い、「残された時間」をどのように使うかを決める必要がありますが、それらを実行するには、「いつも素直になる」ことが必要不可欠です。

「いつも素直になる」とは、自分の心に正直になることで、「本当に達成したいこと」「本当に大切な人」「本当に重要なこと」を、噓偽りのない、自分の本心で決めることです。

あなた自身が、自分の「本当に達成したいこと」「本当に大切な人」「本当に重要なこと」を、「誰か」や「何か」を気にして、嘘を付く(偽る)必要はありません。

あなた自身が、自分の本心から

本心

「本当に達成したい!」「本当に大切にしたい!」「本当に重要だ!」

と思うこと、思う人に「残された時間」やエネルギー(気力と体力)、お金を使うべきです。

もし、何回かの挫折や失敗を経験して、一度は諦めてしまったことが、「本当に達成したいこと」「本当に重要なこと」なのであれば、「いつからでも、何回でもやり直せる」ので、

自分の好きなタイミングで、それらの「本当に達成したいこと」「本当に重要なこと」に対して、「残された時間」、エネルギー(気力と体力)、お金を使うことができますし、

もし、一時的に仲が悪くなったり、お互いが忙しいことなどで、疎遠になってしまった人が、「本当に大切な人」なのであれば、「いつからでも、何回でもやり直せる」ので、

自分の心に正直に「いつも素直になる」ことで、自分の好きなタイミングで、「本当に大切な人」に対して、「残された時間」、エネルギー(気力と体力)、お金を使うことができます。

ヤミシタ

素直になれないことで、自分の人生を生きられないのは、非常に勿体ないので、「いつも素直になる」ことで、自分の「本当に達成したいこと」「本当に大切な人」「本当に重要なこと」のために、「残された時間」を使うことが大切です!

まとめ

  • 何歳からでも、何回挫折や失敗を経験しても、好きなタイミングで、自分の人生を生きることができること
  • 「いつからでも、何回でもやり直せる」と考えることで、心をフロー状態に保ち、今、この瞬間に集中すること
  • 常に自分と向き合い、いつも素直になることで、「本当に達成したいこと」「本当に大切な人」「本当に重要なこと」のために、「残された時間」を使うこと

人生は「残された時間」であり、「いつからでも、何回でもやり直せる」ので、何歳からでも、何回挫折や失敗をしても、好きなタイミングで、自分の人生を生きることができます。

「残された時間」をどのように使うかを自分で決めて、それらを実行し、自分の人生を生きることができるようになることで、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「本サイト・運営者について」のアイキャッチ画像
「思考を変えれば人生が変わるとは」のアイキャッチ画像
3.心を最高の状態に保ちたい