「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像4.ゴールの達成に集中したい

4-21.ゴールの達成に集中する極意(19)できることに専念する

世の中には、自分ではどうしようもできないことがたくさんあります、、、。しかし、自分で何とかできることも、いくらでもあります! 自分ではどうしようもできないことを一切考えず、「できることに専念する」ことで、ゴールの達成に必要な行動を積み重ねることが大切です!

「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像3.心を最高の状態に保ちたい

3-22.心をフロー状態に保つ考え方(18)一人でも、ゼロからでも何とかする!

誰かに、何かに依存すると、その誰かを、何かを失うことが怖くてたまらなくなりますし、実際に、誰かを、何かを失った際には、立ち直れなくなります。心をフロー状態に保つには、誰にも、何にも依存せず「一人でも、ゼロからでも何とかする!」という覚悟を持つことが大切です!

「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像3.心を最高の状態に保ちたい

3-21.心をフロー状態に保つ考え方(17)今いる人、今あるモノ(コト)に感謝する

今、私の目の前や周りには、感謝すべき人やモノ(コト)で溢れています。家族がいること、住む場所があること、食べるものがすぐ手に入ること、そして、今の私と繋がりを持ってくれているすべての人たちの存在そのものが本当にありがたく、いつも心から感謝しています!

「思考を変えれば人生が変わるとは」のアイキャッチ画像1.思考を変え人生を変えたい

1-8.思考を変え人生を変える方法(8)成功のカギは、音声を聴き続けること

「次世代起業家・経営者アカデミー」の創業者兼代表講師である加藤さんは、同じ受講生でも、「なぜ、残せる成果に差が出てくるのか?」ということを疑問に思い、要因を分析したところ、その違いを生み出す最大の要因は「音声を聴き続けているかどうか」でした!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-20.プロジェクトを成功に導く秘訣(19)『7つの習慣』に従う

『7つの習慣』に従うことは、『1-7.思考を変え人生を変える方法(7)この人の思考になれたら、人生は好転する』の記事で紹介した「加藤 将太さん」が実践している秘訣です。加藤さんは、人と協力して何かを成し遂げる際には、必ず、『7つの習慣』に従うことが大切と言われています!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-19.プロジェクトを成功に導く秘訣(18)プロトタイプを作成する

プロジェクトでは、社内外を含めた多くの関係者で「協力して何かを作る」ということがほとんどですが、「何かを作る」際は、いきなり完成品を作るのではなく、まずは、試作品(プロトタイプ)を作ることで、意見を出し合い、認識を合わせて、完成品に反映させることが大切です!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-18.プロジェクトを成功に導く秘訣(17)「スコープ」を曖昧にしない

「スコープ」とは、「プロジェクトの範囲」のことで、「プロジェクトの範囲」とは、今回のプロジェクトの「期間」と「コスト」の中で、「どこまでの要件を実現するのか?」「どの範囲まで作業を行うのか?」「やるのか?やらないのか?」を関係者で明確に決めることになります!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-17.プロジェクトを成功に導く秘訣(16)すべての情報をすぐ使えるようにする

プロジェクトでは、社内外含めて多くの関係者が参加し、様々な情報を扱い、その情報は、日々、更新されていきますので、「あれ、あの情報どこいった、、、?」「うん、これ最新版か、、、?」など、関係者が情報をすぐに使えない状況に陥らないようにするために、注意が必要です!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-16.プロジェクトを成功に導く秘訣(15)「お客様」と「現場」を第一に考える

プロジェクトのありとあらゆる意思決定の場面で、「お客様」と「現場」を第一に考えることが大切です! プロジェクトのゴールを設定する際も、課題の解決策を決定する際も、「現場がお客様に価値を提供しやすくなるか?」という問いに対して、「Yes」でなければいけません!

「プロジェクトを成功に導く方法」のアイキャッチ画像6.プロジェクトを完遂したい

6-15.プロジェクトを成功に導く秘訣(14)良さを最大限に引き出す!

プロジェクトでは、様々な良さ(「強み」や「得意分野」)を持つメンバーと一緒に協力して、中長期的なプロジェクトゴールを目指すことになりますので、各メンバーの「良さを最大限に引き出す!」ことで、チームとしてのパフォーマンスも最大限に向上させることが大切です!