3-22.心をフロー状態に保つのに役立つ考え方(18)一人でもゼロからでも何とかする

「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像

「3-21.心をフロー状態に保つのに役立つ考え方(17)今いる人、今あるモノに感謝する」の記事に引き続き、

心をフロー状態、すなわち、「揺らがず」「捉われず」、あるがままで自然な心の状態に保つのに、役立つ考え方をご紹介します。

それは

・一人でも、ゼロからでも何とかする

という考え方です。

ヤミシタ

誰かに、何かに依存すると、その誰かを、何かを失うことが怖くてたまらなくなります。実際に、誰かを、何かを失った際に、立ち直れなくなります。心をフロー状態に保つには、誰にも、何にも依存せず、「一人でも、ゼロからでも何とかする」という覚悟を持つことが大切です!

「一人でも、ゼロからでも何とかする」とは?

「一人でも、ゼロからでも何とかする」とは、何かに取り組む際に、

  • たとえ、一人だとしても、何とかする!
  • たとえ、ゼロからだとしても、何とかする!

という覚悟をもつことです。

「一人でも何とかする!」覚悟をもつこと

何かに取り組む際に、(取り組んでいる際に、)

  • 一人で始めなければならないこと
  • 一人で立ち上げをしなければならないこと
  • 一緒にやってきた人が、途中で離脱してしまうこと

などは、必ずあります。

毎回、誰かと一緒に、何かを始められる、立ち上げをできるとは限りません。

一緒にやっている人が、ずっと、永遠に一緒にいられる訳でもありません。

もちろん、誰かと一緒に何かを始められる、立ち上げをできるのであれば、ずっと一緒にやれるのであれば、それでも構いませんが、(何が何でも一人でやることを推奨している訳ではありません)

その人に依存してはいけません。

その人に依存してしまっては、その人を失うことが怖くてたまらなくなります。

「その人を失ってしまったらどうしよう、、、」ということに心は捉われてしまいます。

実際に、その人と一緒に何かを始められないとき、立ち上げをできないとき、途中で離脱してしまったときに、

「あぁ、一人では、どうしようもない、、、」という気持ちになり、心は揺らいでしまいます。

誰かに、素直にアドバイスをもらうこと、誰かに感謝して、心から大切にすることは重要ですが、依存することとは異なります。

誰にも依存することなく、「たとえ、一人だとしても、何とかする!」という覚悟をもち、何かを始めるとき、立ち上げをするとき、誰かが離脱したときでも、心を「揺らがず」「捉われず」あるがままで自然な状態に保ち、

自身の最高のパフォーマンスを発揮することが大切です。

「ゼロからでも何とかする!」覚悟をもつこと

何かに取り組む際に、(取り組んでいる際に、)

  • 何も無い状態から始めなければならないこと
  • 何も無い状態で立ち上げをしなければならないこと
  • 途中で、何かを失ってしまうこと(最悪、何も無い状態になってしまうこと)

などは、必ずあります。

毎回、準備が整った状態で、何かを始められる、立ち上げをできるとは限りません。

積み上げてきたものが、永遠に無くならない、崩れない保証はありません。

もちろん、しっかりと準備をしたうえで、何かを始められる、立ち上げをできるのであれば、ずっと、積み上げ続けることができるのであれば、その方が良いですが、(何が何でもゼロからやることを推奨している訳ではありません)

準備期間がない場合も、途中で何かを失う場合も想定しておく必要があります。

準備期間があることを前提に、何かがあることを前提にしていると、

実際は、準備期間が無かった場合に、何かが無かった場合(何かを失った場合)に、

「あぁ、準備期間が無いから、●●が無いから、何もできない、、、」という気持ちになり、心は揺らいでしまいます。

普段からしっかりと準備をしておくこと、何かの備えをしておくことは重要ですが、想定外のことも起こり得ます。

何にも依存することなく、「たとえ、ゼロからだとしても、何とかする!」という覚悟をもち、準備期間が無かったとしても、何かが不足していても(何かを失ったとしても)、心を「揺らがず」「捉われず」あるがままで自然な状態に保ち、

その場、その場で最高のパフォーマンスを発揮することが大切です。

なぜ、「一人でも、ゼロからでも何とかする」ことが大切なのか?

なぜ、「一人でも、ゼロからでも何とかする」ことが大切なのか?というと、

  • 誰かに、何かに依存すると、心をフロー状態に保てなくなるから
  • 一人でも、ゼロからでも、何とかなるから

です。

誰かに、何かに依存すると、心をフロー状態に保てなくなるから

「誰かがいないとダメ、、、」「何かがないとダメ、、、」

というように、誰かに、何かに依存をしていると、

心は、その「誰か」や「何か」に捉われ、その「誰か」や「何か」を失った際に、大きく揺れ動いてしまいます。

「誰か」や「何か」に、心が捉われている状態、心が揺れ動かされている状態では、普段通りの考え方や行動が出来なくなってしまいます。

あなた自身の最高のパフォーマンスを発揮出来なくなってしまいます。

普段通りの考え方や行動を行い、最高のパフォーマンスを発揮するためにも、「一人でも、ゼロからでも何とかする!」という覚悟をもち、誰にも、何にも依存することなく、

心を「揺らがず」「捉われず」あるがままで自然な状態に保つことが大切です。

一人でも、ゼロからでも、何とかなるから

「一人でも大丈夫かな、、、」「ゼロからでも大丈夫かな、、、」

と、何かに取り組む前は、不安になっていたとしても、「一人でも、ゼロからでも何とかする!」という覚悟をもち、心を決めて、いざ、取り組みを始めてみると、

  • 誰かしらの協力者は現れるもの
  • 何かしらの支援はもらえるもの

です。

何かしらの「目的」や「信念」をもって、何かに取り組めば、その「目的」や「信念」に共感してくれる人は、必ず現れます。

素直に、「助け」や「協力」を求めれば、何かしらの支援をしてもらえることがほとんどです。

過去にも多くの人たちが、「一人でも、ゼロからでも何とかする!」という覚悟もち、挑戦と失敗から貪欲に学び、試行錯誤しながら、道を切り開いてきています。

そのような人たちは、同じように「一人でも、ゼロからでも何とかする!」という覚悟もち、道を切り開こうとする人に対して、アドバイスをしてくれたり、一時的な協力や支援をしてくれます。

一人で始めたとしても、途中で協力者を増やすことができます。

ゼロから始めたとしても、少しずつ積み上げていくことができます。

「一人でも、ゼロからでも何とかする!」という覚悟をもって何かに取り組めば、ずっと一人ということも、ずっと何も無い状態ということもなく、

途中で増えた協力者と、少しずつ積み重ねていくことで、何とかできるものです。

どのように、「一人でも、ゼロからでも何とかする」と良いのか?

どのように、「一人でも、ゼロからでも何とかする」と良いのか?というと、

  • 積極的に、新しいことに挑戦する
  • 誰かを、何かを待たない

と良いです。

積極的に、新しいことに挑戦する

「一人でも、ゼロからでも何とかする」には、普段から、積極的に新しいことに挑戦して、「一人でも、ゼロからでも何とかする」ことに慣れることが大切です。

いきなり、「一人でゼロから事業を立ち上げる」などは、ハードルが高過ぎるので、まずは、身近なところから、積極的に新しいことに挑戦してみると良いです。

「新しい趣味をつくる」というのが、一番簡単で、同じ趣味をもっている人たちの集まりに参加して、その中で、新しい人間関係を築き、趣味のレベルを向上させていく経験は、ビジネスでも非常に役に立ちます。

ビジネスでも、何か新しい事業を始める際は、その業界の集まりに参加して、ビジネスパートナーを見つけて、新しい人間関係を築き、事業に必要な知見を吸収し、スキルを向上させていく必要があります。

自身の興味や関心が高いこと、面白いと感じるものから始めると、新しい人間関係を築くのも、知見を深めていくことも、非常にやり易く、自然と、「一人でも、ゼロからでも何とかする」ことができます。

誰かを、何かを待たない

何かを始める際に、積極的に新しいことに挑戦する際に、「誰かを、何かを待たない」ことが大切です。

「誰か一緒にやってくれる人を待とう、、、」「何かの条件が揃ったらやろう、、、」

と考えていては、スタートを切るのがどんどん遅れてしまいます。

そのうち、気持ちも冷めてしまいますし、始めるタイミングも逃してしまいます。

「4-10.ゴールの達成に集中する極意(8)とにかく最初の一歩を踏み出す」の記事でも書いているのですが、

何かを始める際は、「とにかく最初の一歩を踏み出す」ことが一番重要です。

最初の一歩を踏み出すのが、精神的にも、肉体的にも一番重たいものですが、最初の一歩さえ踏み出してしまえば、どんどん進んでいけるようになります。

誰かを、何かを待たず、あなたが始めたいと思ったときに、始める決心をした際に、まずは、最初の一歩を踏み出すことが大切です。

まとめ

  • 誰にも、何にも依存せずに、「一人でも、ゼロからでも何とかする」覚悟をもつこと
  • 「一人でも、ゼロからでも何とかする」覚悟をもつことで、心を「揺らがず」「捉われず」あるがままで自然な状態に保つことができ、最高のパフォーマンスを発揮できること
  • 誰も、何も待たずに、積極的に新しいことに挑戦すること

感謝の心を持ち、誰かを、何かを大切にすることは、非常に重要ですが、それは、依存することではありません。

誰にも、何にも依存せずに、「一人でも、ゼロからでも何とかする」覚悟をもち、心をフロー状態に保ち、自身の最高のパフォーマンスを発揮できるようになることで、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像

4-10.ゴールの達成に集中する極意(8)とにかく「最初の一歩」を踏み出す