5-17.短時間で成果を残す原則(16)独自性で勝負する

「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像

「5-16.短時間で成果を残す原則(15)一次情報だけを集める」の記事にて、

・何か問題が起きているときは、誰のフィルターも通っていない「一次情報だけを集める」ために、現場に行き、直接見て、聞いて、肌で感じて、全体像を理解して欲しいこと

をお伝えしました。

今回も含めて複数の記事で、具体的に「短時間で成果を残すための原則」について、詳しく解説しますので、あなたが日常生活で、仕事をするうえで、「使える!」と思ったものは、どんどん実践してみてください!

「短時間で成果を残すための原則」の16個目は、

・独自性で勝負する

です。

ヤミシタ

私は、相手から、お客様から逆指名されたり、選んでもらいやすくなれるように、「独自性で勝負する」ことを大切にしています!相手やお客様から、「コイツは誰とも比較しようがないな、、、」と思ってもらえることが理想です(笑)

「独自性で勝負する」とは?

「独自性で勝負する」とは、個人としても、会社としても、相手に、お客様に選んでもらうために、

  • 誰にも、競合他社にも、真似できないことで勝負する
  • 世界中で、自分しか、自社しか、できないことで勝負する
  • 他の誰も、どの会社も、やらない、やりたがらないことで勝負する

ということです。

個人として、「独自性で勝負する」ことに関して言えば、

世界中に誰一人として、自分と同じ人はいないので、もともと独自性は備えています。

なので、「自分のすべてをさらけ出す」ことをすれば、「独自性で勝負する」ことが可能です。

「自分のすべてをさらけ出す」ことは、自分の弱さや脆さ、汚さや醜さなども、すべて含めてさらけ出すことになるので、勇気がいります。

「自分のすべてをさらけ出す」ことは、逃げも隠れもせずに、すべての責任を自分自身で取ることになります。責任を誰かに押し付けることはできません。

しかし、自分をさらけ出す勇気と、すべての責任を自分自身で取る覚悟をもって、「自分のすべてをさらけ出す」ことができれば、

他の誰にも真似できない、世界中であなたにしかできない、「独自性で勝負する」ことが可能になります。

なぜ、「独自性で勝負する」ことが重要なのか?

なぜ、「独自性で勝負する」ことが重要なのか?というと、「独自性で勝負する」ことで

  • 逆指名されるようになるから
  • 選んでもらいやすくなるから
  • 価格競争に巻き込まれないから

です。

逆指名されるようになるから

個人としても、会社としても、独自性で勝負し、更に、その独自性が相手に、お客様に認知され、

  • どうしても、その独自性が欲しい!
  • 何がなんでも、その独自性を手に入れたい!
  • 何度考えても、やっぱりその独自性に魅了される!

と思ってもらえれば、相手から、お客様から、逆指名されるようになります。

何もしなくても、相手から、お客様から選んでくれるという最高の状態なので、その域に到達するのは、なかなか難しいですが、目指すべき理想の状態になります。

予約が全然取れないリゾート施設、行列が絶えない飲食店、発売と同時にコンサートのチケットが完売するアーティストなどは、まさに、非常に多くの人から逆指名されている理想の状態です。

「あのホテルだから泊まりたい!」「どうしても、あの飲食店で食べたい!」「もう、あのアーティストのコンサートに行きたくて仕方がない!!」

という強い願望を生じさせているのは、「魅力的な独自性」となります。

選んでもらいやすくなるから

逆指名されるようになるのが、理想の状態ですが、その域に到達するのは、なかなか難しく、一朝一夕で到達できるものでもありません。

逆指名されるまでではないにしても、「独自性で勝負する」ことで、相手に、お客様に選んでもらいやすくなることは可能です。

相手にプロポーズをして、結婚してもらう(選んでもらう)ことを考えると分かり易いですが、

「年収●●万円以上あるし、経済的に豊かにするから、結婚して欲しい!」

と伝えたとしても、年収がもっと高い人も、経済的に豊かにできる人も、他にも山ほどいるので、

「うーーーん、どうしよかな、、、」

となってしまいます。

これは、独自性で勝負できていないので、「独自性で勝負する」には、相手に

  • 世界中の誰よりも、あなたのことが大好きである
  • 世界中の誰よりも、あなたのことを大切にし続ける
  • 今まで付き合ってきた中で、あなたのことを他の誰よりも、深く理解している。良い面も悪い面も全部含めて、ありのままのあなたのことを愛している

ことを伝えると、

他の誰にも真似できない、世界中であなたしかできない、「独自性で勝負する」ことができます。

(私は、別に顔も良くなければ、頭も冴えないですし、めちゃくちゃ稼いでいる訳でもないので、妻に結婚してもらうには、「独自性で勝負する」しかありませんでした、、、)

価格競争に巻き込まれないから

また、「独自性で勝負する」ことで、価格競争に巻き込まれなくなります。

ビジネスでは、独自性で勝負しない(できない)場合、必ず、複数社で比較されたうえで、

「どこもできること一緒やし、価格下げてや!」

という価格競争に陥ってしまいます、、、。

価格競争になると、お互いにとって良いことがありません。

受注者側は、たとえ、受注できたとしても、

「あぁ、価格競争が激しかったから、利益ほとんどないわ。やる気全然でーへん。」

となり、受注者側のモチベーションは、見るからに下がりますし、それがパフォーマンスにも如実に影響するので、

発注者側は、そのパフォーマンスをみて、

「お金払ってんのに、対応が悪いな、、、。しかも、やる気も全然なさそうやし!」

となり、お互いに不満が溜まります。

価格競争に巻き込まれても、良いことは一つもないので、

比較さえされないほどの、比較することができないほどの「独自性で勝負する」ことが重要です。

私は、比較され、価格競争に巻き込まれるぐらいなら、潔く勝負から降りることにしています!

どのように、「独自性で勝負する」ことを実践すれば良いのか?

どのように、「独自性で勝負する」ことを実践すれば良いのか?というと、

  • 自分、自社の価値を磨き続ける
  • 相手、お客様のことを考え続ける
  • 具体的な行動を継続する

と良いです。

自分、自社の価値を磨き続ける

「独自性で勝負する」には、他の誰にも、競合他社にも真似できないようにするために、自分、自社の価値を磨き続けることが重要です。

自分、自社の価値を磨き続けるには、「独自性で勝負する」と決めた分野、範囲に対して、

  • 個人の場合は、どれだけの時間、エネルギー(気力と体力)、お金を集中投下できるか?
  • 会社の場合は、どれだけの人、モノ、金、情報を集中投下できるか?

が肝心になります。

「独自性で勝負する」と決めた分野、範囲に対して、個人の、会社の資源(リソース)を、集中投下できればできるほど、価値を磨くことが可能です。

「他の誰にも、競合他社にも真似できないようにするって、ハードル高いな、、、」

と思われたかもしれませんが、ビジネスでは、自分が、自社が戦う領域(分野や範囲)を、自分で決めること、なければ創り出すことができるので、

「絶対に勝てる狭い範囲で戦う」「勝てる領域を探して戦う」「未開拓の領域で戦う」

など、創意工夫次第で、「独自性で勝負する」ことが可能です。

相手、お客様のことを考え続ける

自分、自社の価値を磨き続けること、「独自性で勝負する」ための領域(分野や範囲)を探すことは、非常に重要ですが、それは、相手が、お客様が存在することが大前提での話になります。

相手の、お客様の期待に応えること、事前の期待を超えることができなければ、自分、自社の価値を磨き続けることにも、「独自性で勝負する」ための領域(分野や範囲)を探すことにも、何の意味もありません。

相手の、お客様の期待に応えるには、事前の期待を超えるには、相手やお客様が、

  • どのような価値観を持っているのか?
  • 何を本当に重要だと思っているのか?
  • どんなことを解決、実現して欲しいと願っているのか?

を考え続けるしかありません。

相手やお客様のことを考え続けて、相手やお客様の期待に応えれるように、事前の期待を超えれるように、自分、自社の価値を磨き続けること、「独自性で勝負する」ための領域(分野や範囲)を探すことが必要不可欠です。

具体的な行動を継続する

相手やお客様の期待に応えれるように、事前の期待を超えれるように、具体的に行動したことが、実績になり、行動を継続し、実績を積み重ねることで、それが「独自性」に変わります。

相手やお客様の期待に応えれるように、事前の期待を超えれるように、一時的に具体的な行動を起こすことは、誰でも、競合他社でもできることですが、

それを、継続することは、なかなかできることではありません。

そして、一番長く具体的な行動を継続できた人が、誰にも真似できないことをできた人であり、「独自性で勝負する」ことができる人になります。

相手のことを「誰よりも大切にし続ける」と言うことは簡単ですが、具体的な行動を継続することは難しく、本当に具体的な行動を継続することで、相手にとって唯一無二の存在になることができます。

お客様に対して「絶対、期待に応えます!」と言うことは簡単ですが、商品やサービスの提供がひと段落した後も、運用保守面からも期待に応え続けることは難しく、本当に具体的な行動を継続することで、中長期的な信頼関係を築くことができます。

まとめ

  • 他の誰にも真似できない、世界中であなたにしかできない「独自性で勝負する」こと
  • 「独自性で勝負する」ことで、逆指名されるようになること。逆指名されない場合でも、選ばれやすくなること、また、価格競争に巻き込まれないこと
  • 「独自性で勝負する」には、相手のことを考え、価値を磨き、具体的な行動を継続すること

もともと、世界中にあなたとまったく同じ人など一人もいないので、自分のすべてをさらけ出し、「独自性で勝負する」ことで、

逆指名されたり、選ばれやすくなったりして、短時間で成果を残せるようになることで、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

5.短時間で成果を残したい