5-18.短時間で成果を残す原則(17)強烈に与える

「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像

「5-17.短時間で成果を残す原則(16)独自性で勝負する」の記事にて、

・「独自性で勝負する」ことで、逆指名されるようになって欲しいこと。逆指名されない場合でも、選ばれやすくなって欲しいこと、また、価格競争に巻き込まれないで欲しいこと

をお伝えしました。

今回も含めて複数の記事で、具体的に「短時間で成果を残すための原則」について、詳しく解説しますので、あなたが日常生活で、仕事をするうえで、「使える!」と思ったものは、どんどん実践してみてください!

「短時間で成果を残すための原則」の17個目は、

・強烈に与える

です。

ヤミシタ

プライベートでも、ビジネスでも、あなたが他人に与えれるものは、出し惜しみなく何でも与えましょう!「強烈に与える」ことで、返報性の法則が働くので、与えたものは必ず返ってきます。いつかは(笑)

「強烈に与える」とは?

「強烈に与える」とは、プライベートでも、ビジネスでも、相手のために、お客様のために

  • 与えられるだけの価値を与えること
  • 相手の、お客様の心を動かすだけのインパクトを与えること

です。

与えられるだけの価値を与えること

プライベートでも、ビジネスでも、相手のために、お客様のために、与えれるものは、何でも与えましょう!

もう、大胆に、気持ちよく、見ている側が清々しさを感じるぐらいの気前の良さで、与えましょう(笑)

「3-14.心をフロー状態に保つのに役立つ考え方(10)先義後利(せんぎこうり)」の記事でも書いているのですが、

プライベートでも、ビジネスでも、まずは、しっかりと相手に、お客様に価値を提供すること、そして、価値を提供し、満足してもらってから、その対価を受け取ることが基本です。

何の価値も提供していないのに、一方的にもらっていては、プライベートでも、ビジネスでも、相手と、お客様と、中長期的に良好な関係を築くことはできません。

まずは、与えること!それも、強烈に与えること!!で、

相手を、お客様を、最高に満足させ続けることが大切です。

心を動かすだけのインパクトを与えること

そして、単純に与えるのではなく、「強烈に与える」、すなわち、相手やお客様の、心を動かすだけのインパクトを与えることが大切です。

相手やお客様に、

「えっ、こんなものまでくれるの!?」「こんなことまでやってくれるの!?」「ホンマにここまでしてもらっていいの!?」

と思ってもらえるぐらいのインパクトが必要です。

なぜ、「強烈に与える」と良いのか?

なぜ、「強烈に与える」と良いのか?というと、

  • 「強烈に与える」ことで、返報性の法則が働き、与えたものが返ってくるから
  • そもそも、与える相手が、お客様がいること自体が、幸せなことだから

です。

返報性の法則が働き、与えたものが返ってくるから

相手やお客様に「強烈に与える」ことで、返報性の法則が働きます。

返報性の法則とは、

人は、他人から何かをもらった場合に、「お返しをしなければ申し訳ない」という感情を抱くこと

です。

ビジネスでは、返報性の法則は、至るところで利用されており、「試食」や「無料サンプル」が一番身近な例になります。

「試食したし、何か買わないとまずいかな、、、」「無料サンプル使ったし、安い商品でも買った方が良いかな、、、」

ということは、誰もが、一度は思ったことがあるのではないでしょうか?

私は、「試食」や「無料サンプル」を受け取ったら、「ありがとう」という心からの感謝の気持ちを返すことにしています(笑)

プライベートでも、ビジネスでも、相手やお客様に「強烈に与える」ことで、必ず、返報性の法則が働きます。

それが、「いつ返ってくるのか?」「どんな形で返ってくるのか?」ということは、分かりませんが、

相手やお客様に「強烈に与える」ことで、最高に満足させ続けることで、いつかは、何かしらの形で返ってくることは、間違いありません。

「いつ返ってくるのか?」「どんな形で返ってくるのか?」ということを密かに想像し、少しだけワクワクしながら、与えれるものは何でも与えること、与え続けることが大切です。

もちろん、「早く返して!」「こんな形で返して!!」と要求するのはNGですし、いつ、どんな形で返ってきたとしても、心からの感謝の気持ちを示すことが大切です。

与える相手が、お客様がいること自体が、幸せなことだから

プライベートでも、ビジネスでも、与える相手が、お客様がいること自体が、幸せなことです。

どれだけ自分のスキルを磨いても、経験やノウハウをもっていたとしても、それらを使って価値を提供する相手や、お客様がいなければ、それらはすべてムダになってしまいます。

価値を提供できる相手やお客様がいてこそ、それらのスキルや経験、ノウハウが活かされます。

私は、私の周りに、本当に大切にしたいと思える人がいることに、心から感謝しており、幸せなことだと感じています。

満足させたいと思えるお客様がいることに、感謝し、幸せを感じています。

「返報性の法則が働き、与えたものが返ってくる」というのは、オマケのようなもので、

与える相手が、お客様が、大切にしたいと思える相手が、お客様がいること自体が幸せなことなので、

与えることができる喜びを、大切にすることができる幸せを噛みしめながら、思う存分「強烈に与える」ことが大切です。

どのように、「強烈に与える」と良いのか?

どのように、「強烈に与える」と良いのか?

  • 相手が、お客様がして欲しいことを、先回りしてやる
  • 相手が、お客様がしたがらないことを、率先してやる

と良いです。

相手が、お客様がして欲しいことを、先回りしてやる

プライベートでも、ビジネスでも、相手やお客様がして欲しいをことを、先回りしてやることで、「強烈に与える」ことができます。

例えば、私は最近テレワークで、自宅で仕事をする機会が増えたので、妻が帰宅する前に、お風呂を沸かし、食事を用意して、出迎えることをしています。

以前は、妻が仕事でクタクタに疲れた状態で、食事を用意してもらったりしていましたが、テレワークで通勤時間が無くなり、「これはチャンス!!」と思って、やり始めました。

「帰ったら、夕飯ができていて欲しい」

に決まってますので、それを先回りしてやることにしています。

ビジネスでも、商談が終わった後に、お客様から

「上司や同僚に報告するための簡潔な資料が欲しいんだけど、、、」

と言われることが多々あるので、それを商談前から準備しておき、商談が終わる際に、

「これ、宜しければ、上司や同僚の方にご説明するために使ってください!」

と渡すようにしています。

このように、相手やお客様がして欲しいをことを「先回りしてやる」「言われる前にやる」ことで、大きなインパクトを与えることが可能です。

相手が、お客様がしたがらないことを、率先してやる

プライベートでも、ビジネスでも、相手やお客様がしたがらないことを、率先してやることで、「強烈に与える」ことができます。

プライベートでも、ビジネスでも、相手やお客様がしたがらないことは明確で、

  • 全体を取り纏めること
  • 関係者間の調整を行うこと
  • 責任を取ること

です。

これらを率先してやる人を、私は、ほとんど見たことがありません(笑)

だからこそ、これらを率先してやることには、大きな価値があります。

私はもともとシステムエンジニアあり、プロジェクトマネージャーとして働いており、

「全体を取り纏めること」「関係者間の調整を行うこと」「責任を取ること」

を役割として担っていたので、これらのことをやるのには、慣れています。

営業や、技術営業(プリセールス)の立場になっても、率先して、これらのことをやるようにしていますが、

「えっ、全体取り纏めてくれるの!?」「関係者間の調整もしてくれるの!?」「責任まで取ってくれてホンマにええの!?」

と言われることが良くあります。

確かに、これらのことをやるのはしんどいことなのですが、

  • 全体を取り纏める人がいなくて、無秩序状態になる、、、
  • 関係者間の調整が、一向に進まなくて、スケジュールが遅延する、、、
  • 責任の所在が不明確で、責任の押し付け合いが発生する、、、

と、仕事を終わるのが、どんどん遅くなるので、そうなることで、家族と過ごす時間が削られることが、絶対に嫌なので、

しんどくてもやることやって、家族との時間(プライベートの時間)を死守しています(泣)。

このように、相手やお客様がしたがらないことを率先してやることで、大きなインパクトを与えることが可能です。

まとめ

  • 「強烈に与える」とは、相手やお客様に大きな価値を提供し、心を動かすこと
  • 与える相手やお客様がいること自体が、とても幸せなこと
  • 「強烈に与える」には、相手やお客様のして欲しいことを、先回りしてやること。また、相手やお客様がしたがらないことを、率先してやること。

プライベートでも、ビジネスでも、相手やお客様に大きな価値を提供し、心を動かすことで、返報性の法則が働き、

自然と、何かしらのお返しがあることで、短時間で成果を残せるようになり、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像

3-14.心をフロー状態に保つのに役立つ考え方(10)先義後利(せんぎこうり)

5.短時間で成果を残したい