3-4.心を最高の状態に保つには、心をフロー状態にするのが最高である

「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像

「3-3.心を最高の状態に保つには、自分の心の状態も自分で決めること」の記事では、

あなた以外の誰かに、何かに振り回されることなく、あなたの心の状態は、あなたが決めてください!

とお伝えしましたが、

・では、どのような心の状態にすれが良いのか?

というと、それは、

・心をフロー状態にするのが最高

です。

ヤミシタ

心を「揺らがず」「捉われず」、あるがままで自然な心の状態にすることができれば、あなたは、自分の能力を最高に引き出すことができるようになります!

心のフロー状態とは?

スポーツドクターであり、応用スポーツ心理学とフロー理論を基にしたメンタルトレーニングを、アスリートはもちろん、経営者、音楽家、教員、会社員、更には、主婦にまで指導し、パフォーマンス向上を実現させている著者によって書かれた、辻 秀一 著『禅脳思考』で紹介されていますが、

心のフロー状態とは、「揺らがず」「捉われず」、あるがままで自然な心の状態のことである。

心をフロー状態に保つことで、「常に自分の能力を最高に引き出すことが可能」である。

日々訓練する(意識する)ことで、坐禅を組むことなく、坐禅をしたときと同じように、心をフロー状態にできる。

目の前で起きている事象に対して、過去の経験から瞬間的に「意味づけ」をすることなく、自身の感情の変化に気づきながらも、あるがままの状態をそのまま受け入れて、まずは、心をフロー状態にすることが大切である。

辻 秀一 著『禅脳思考』(2014)

とあります。

『禅脳思考』にある通り、心のフロー状態とは、

  • 「揺らがず」「捉われず」、あるがままで自然な心の状態のこと
  • 「常に自分の能力を最高に引き出すことが可能」な心の状態のこと

となります。

なぜ、心のフロー状態が最高なのか?

どんなことが起こっても、誰に何を言われても、心をフロー状態、すなわち、「揺らがず」「捉われず」、あるがままで自然な心の状態にすることができれば、

その場、その場の状況を判断して、最善の行動を、自分の能力を最高に引き出して実行することができるようになり、あなたの人生のゴールを達成することが、より速く、より確実に実現できるようになるからです。

辻 秀一 著『禅脳思考』では、人生の生き方に対して、下記の的確なアドバイスも書かれています。

以下の3つの事実を認識し、喜怒哀楽を謳歌しながらも(自身の感情の変化に気づきながらも)、いち早く切り替えて、心をフロー状態にしたうえで、するべきことをして、人生を歩んでいけばよい。

(1)そもそも、すべての現象には意味などついていないという事実

(2)人は、すべての事象に意味をつけて生きているのだという事実

(3)人は、ネガティブな意味づけをする生き物だという事実

辻 秀一 著『禅脳思考』(2014)

私は、本書を読んだとき、「もっと、早く読みたかった、、、」という気持ちとともに、

「3-3.心を最高の状態に保つには、自分の心の状態も自分で決めること」の記事でも書いたのですが、大学受験に失敗し、絶望とともに、無気力に過ごしていた大学1,2回生の自分に対して、

  • 「そもそも、志望校に合格しなかった、ということに、何の意味もついていない」と、
  • 「大学受験に失敗したら、人生終わり、お先真っ暗と、自分勝手に意味づけしてはいけない」と、
  • 「絶望を感じてしまうのは仕方がないけど、絶望を充分味わったら、いち早く切り替えて、心をフロー状態にして、自分の人生をみつめ直して、自分の将来をより良いものにするために、今、すべきことをしろ!」と、

叫びたくなりました。

もう、気持ちを切り替えるまで、胸ぐらをつかんで、何度でも、何度でも過去の自分に対して、言ってやりたくなりました(泣)

(それほど、過去の自分はひどい状態、あまりにも時間をムダにしていた状態でした、、、)

過去を振り返ると、大学受験に失敗したとき以外にも、自分勝手に「ネガティブな意味づけ」をして、一人で落ち込んだり、へこんだり、悩んだりしていることは、多々ありました。

たとえば、仕事で取り返しがつかないミスをしてしまったときも、

(誰もが青ざめたことがある、一度はやってしまう取り返しのつかないミスに、「メールの誤送信」があるのではないでしょうか?私もあります、、、)

「あぁ、上司に怒られる」(これは当たり前ですね)、

「今まで構築していた信頼関係が一気に崩れる」(これも仕方ないですね)、

「もう、出入禁止になる」「すべての取引が破棄されてしまう」「このミスが社内にも社外にも広がって、今後一切、仕事が回ってこなくなる」「昇進や昇格も途絶える」(これらは、少し被害妄想ですね)

など、どんどん「ネガティブな意味づけ」をしてしまい、どんどん恐ろしくなり、どんどん初動が遅れてしまうということがありました。

しかし、ミスをしてしまったときも、ミスを後悔しながらも、すべきことは、ネガティブな意味づけをすることではなく、いち早く切り替えて、

心をフロー状態にして、ミスを謝罪すること、ミスをどのように挽回すればよいか考え、実行することです。

なによりもまず、ミスをしてしまった際は、初動を早くすることが大切です。

他にも、好きな女性にフラれてしまったときも、(もう、何度もあります、、、)

「あぁ、またフラれてしまった」(これは、仕方ないですね)、

「もう、全然うまくいかない」(これも、仕方ないですね)、

「もう、誰とも付き合えないのでは、、、」「一生、孤独のままでは、、、」「この先、人生が楽しくなることはないのでは、、、」(これらは、少し被害妄想ですね)

など、どんどん「ネガティブな意味づけ」をしてしまい、数ヶ月間、塞ぎ込んでしまうこともよくありました。

しかし、フラれてしまったとしても、フラれたことを悲しみがらも、すべきことは、ネガティブな意味づけをすることではなく、いち早く切り替えて、

心をフロー状態にして、自分を磨き直すこと、自分の魅力を増やす努力をすること、そして、次の希望をみつけることです。

過去の自分は、心の切り替えができず、心をフロー状態にすることができず、振り返ると恥ずかしくなるぐらい、本当に落ち込みやすく、長く引きずるタイプでしたが、

日々訓練する(意識する)ことで、私は、少しずつ、自身の感情の変化に気づきながらも、いち早く切り替えて、心をフロー状態にすることが、心をフロー状態にしたうえで、すべきことを、できるようになってきました。

ぜひ、あなたも、目の前で起きている事象に対して、「ネガティブな意味づけ」をすることなく、あなたの感情の変化に気づきながらも、いち早く切り替えて、心をフロー状態にしたうえで、あなたの能力を最高に引き出してください!

本サイトのタイトル「思考を変えれば,人生が変わる」の通り、何度もお伝えしていることですが、

  • 心の状態が変われば、行動が変わります
  • 行動が変われば、その積み重ねである習慣が変わります
  • 習慣が変われば、人格が、そして、人生が変わります

まとめ

  • 心のフロー状態とは、「揺らがず」「捉われず」、あるがままで自然な心の状態のこと
  • 心をフロー状態に保つことで、「常に自分の能力を最高に引き出すことが可能」である
  • いち早く切り替えて、心をフロー状態にしたうえで、最善の行動を行うこと

心をフロー状態にすることは、「言うは易く行うは難し」ですが、日々訓練する(意識する)ことで、「揺らがず」「捉われず」、あるがままで自然な心の状態にして、あなたの能力を最高に引き出すことができるようになり、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「参考文献」のアイキャッチ画像

9-7.心を最高のフロー状態に保つことができるオススメの本『禅脳思考』

3.心を最高の状態に保ちたい