3-5.どのようにして、心をフロー状態に保てば良いのか?

「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像

「3-4.心を最高の状態に保つには、心をフロー状態にするのが最高である」の記事では、

心をフローな状態、すなわち、「揺らがず」「捉われず」、あるがままで自然な心の状態にして、常に自分の能力を最高に引き出してください!

とお伝えしましたが、本記事では、

・どのようにして、心をフロー状態に保てば良いのか?

について詳しく解説します。

ヤミシタ

心をフロー状態に保つことができれば、「常に自分の能力を最高に引き出すことが可能」となりますので、あの手、この手で、あなたが、心のフロー状態を保つことができるようになる情報をお届けします!

どのようにして、心をフロー状態に保てば良いのか?

再び、辻 秀一 著『禅脳思考』の内容を紹介しますが、心をフロー状態に保つには、

過去にも、未来にも縛られず、今、この瞬間を生きること。

人に与えることが、自分自身の恵みでもあること。

すべてを敬う心(尊敬する心)が、自分自身の心を豊かにすること。

比較思考が続くかぎり、幸せは訪れないこと。

好きなことに、無我夢中で没頭すること。

自分の表情、呼吸、姿勢を整えること。

人間らしく愛を謳歌して生きること。

人に謝り、人を許し、応援すること。

感謝の心をもつこと。

辻 秀一 著『禅脳思考』(2014)

を意識することが重要である、とあります。

たくさん書いていますが、簡単なこと、できることから始めることを、オススメします!

「自分の表情、呼吸、姿勢を整えること」

まず、一番簡単なのは、「自分の表情、呼吸、姿勢を整えること」ですね!

自分の表情を整えるとは、「笑顔でいること」、呼吸を整えるとは、「深呼吸をすること」、姿勢を整えるとは、「姿勢を正すこと」です。

私は、「ブログ運営者」の似顔絵の通り、いつも笑顔でいることを心がけています。

「うさんくさい笑顔ですね!」と、よく言われますが、、、(笑)

また、もともと(生まれつき)ニヤけている顔なので、とても真面目に話を聞いているときでも、「何、笑ってんねん!」と注意されることもあります(泣)

そして、気を抜くと、呼吸が浅く、姿勢が悪くなってしまうので、意識して、深呼吸をすること、姿勢を正すことを心がけています。

「過去にも、未来にも縛られず、今、この瞬間を生きること」

次は、「過去にも、未来にも縛られず、今、この瞬間を生きること」が実践しやすいです。

過去は、過ぎたことなので、変えることができません。変えたい過去はたくさんありますが、、、。

未来がどうなるかは、誰にも正しくは分かりません。誰もが知りたいことではありますが、、、。

過去から学ぶこと、未来を予測することは、大切ですが、縛られてしまうこと、捉われ過ぎることは、絶対にやめましょう!

一番大切なのは、今、この瞬間を生きることです。

今、この瞬間のあなたの時間を大切にすることです。

今、この瞬間の出来事に120%集中することです。

今、この瞬間の触れ合いに、出会いに、そして、機会(チャンス)に感謝することです。

「比較しないこと」

誰かと、何かと「比較すること」はやめましょう!

当たり前ですが、人は人、あなたはあなたです。

人の成功に憧れること、羨ましく思ってしまうことは、仕方ありません。

他人の不幸が蜜の味なのは、もう、認めてしまいましょう(笑)

しかし、人のことばかり気にして、自分のことを見失うことはやめましょう!

あなたは、あなたの人生のゴールを達成するために、あなたの大切な人のために、残された貴重な時間を使ってください。

週刊誌やワイドニュースは気になって仕方がないですが、(なんであんなに好奇心を刺激するタイトルをつけれるのか関心するしかありません)長時間見るのはやめましょう!

「人に与えること」

積極的に「人に与えること」をしましょう!

他者貢献が、あなた自身の心を、あなたの人生を豊かなものにします。

因果応報ですね。良いことをすれば、良いことが返ってきます。(いつかは、、、)

また、必ず、あなたから「与えること」をしましょう。

もし、人に好かれたいなら、その人のことを、あなたから好きになりましょう。

もし、人に信頼されたいなら、その人のことを、あなたから信頼しましょう。

もし、人に理解されたいなら、その人のことを、あなたから理解しましょう。

ぜひ、何かされたいことがある場合は、あなたからそのことをしましょう!

どれだけ強く願って待っていても、基本的に、誰かから先に何かをされることはありません。

もし、誰かから先に何かをされた場合、それは、普通は起こり得ない、超ラッキーなことです!

「好きなことに無我夢中になること」

好きなことに無我夢中になりましょう!

そのためにも、「2-2.人生のゴールの見つけ方(1)自分の葬式を想像してみる」の記事から

「2-6.人生のゴールの見つけ方(5)実体験から考える」までの記事で紹介している方法を使って、

「あなたの人生のゴール」を、あなたが「残された時間で本当に達成したいこと」を、

「寝ても覚めてもワクワクしてしまうほど、魅力的なこと」を、みつけましょう!

あなたにとって好きなことを、無我夢中になれることを、時間をかけてもよいので、完全に明確にしましょう!

「人を愛すること」

「人を愛する心」を持ちましょう!

「人を愛する」とは、その人の「ありのままを認める」ということです。

あなたの周りの、あなたにとって大切な人から、愛することを始めましょう!

世の中に、何の欠点も持たない、完璧な人なんていません。

誰しも、欠点をもち、不得意なこと、苦手なことがあり、未熟なこともたくさんありますが、ありのままを認めましょう!

その人の欠点や未熟な点こそ、可愛らしい点であり、愛すべき点です。

「素直に謝ること」

何かあやまちを犯してしまった時は、気づいた時点で、すぐに謝りましょう!

『論語』の中に、私の好きな言葉(肝に銘じている言葉)があります。

(『論語』は、孔子とその弟子たちの言行を集録したもので、かるく千年以上の時を経ている現在でも、読んで心に響くものがある、というのはスゴイことですよね。私は、心にグサグサ刺さっています、、、)

過ちては改むるに憚ること勿れ(あやまちてはあらたむるにはばかることなかれ)」

=「あやまちを犯したことに気づいたら、体裁や体面などにとらわれず、ただちに(お詫びして)改めるべき」

『論語』より

という意味です。

「素直に謝る」というのは、本当に難しいことですが、私は、この言葉を知って以来、この言葉に背中を押されるように、自身のあやまちに気づいたら、すぐにお詫びして、改めるように心がけています。

「人を許すこと、応援すること」

人に謝られたら、許してあげましょう!

これは、すぐには許せないこともあるかもしれませんが、許してあげましょう!

(私は、基本的に許してもらう立場なので、謝ったらすぐに許して欲しいのが本音ではあります、、、)

そして、許してあげたら、その人を応援しましょう!

「もう、こんなことしたらアカンで」と、「もっと、人から褒められることをするんやで!」と、励ましましょう!

「すべてを敬う心と、すべてに感謝する心をもつこと」

すべてを敬う心(尊敬する心)と、すべてに感謝する心を持ちましょう!

自分が、決して一人では生きていけないこと、様々な人やモノに支えられて、恵まれて、生きていることを意識できれば、すべての人やモノを敬う(尊敬する)ことができます。

自分が、本当にいつ死ぬか分からない中で、幸運にも、今こうして生きている、生かされていることを意識できれば、すべての人やモノに感謝することができます。

すべての人やモノの、存在自体を敬い、存在自体に感謝することができます。

たくさん、●●しましょう!とお伝えしましたが、すべて、自分自身に対しても、言っています。

むしろ、自分自身に対してこそ、言っています(笑)

心をフロー状態に保つことは、普段から意識していない(訓練していない)と、本当に難しいことですが、ぜひ、あなたの能力を最高に引き出すためにも、

そして、あなたが自分の人生を取り戻すためにも、あなたの人生をより良いものにするためにも、「揺らがず」「捉われず」、あるがままで自然な心の状態を保ってください!

まとめ

  • 心をフロー状態に保つことができれば、「常に自分の能力を最高に引き出すことが可能」となる
  • あの手、この手を使って、(どんな手でも使えるものを使って)心をフロー状態に保つこと

心をフロー状態に保つことができれば、本当に自分の行動が変わることが実感できますので、ぜひ、どんな手でも使えるものは使って、あなたの心をフロー状態に保ってください!

そして、いついかなるときも、最善の行動を、最高の能力を引き出して実行できるようになることで、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像

2-2.人生のゴールの見つけ方(1)自分の葬式を想像してみる

「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像

2-3.人生のゴールの見つけ方(2)今日が人生最後の日と考える

「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像

2-4.人生のゴールの見つけ方(3)すでに死んでいるものとして考える

「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像

2-5.人生のゴールの見つけ方(4)絶対したくないことから考える

「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像

2-6.人生のゴールの見つけ方(5)実体験から考える

3.心を最高の状態に保ちたい