3-2.心を最高の状態に保つには、「結局、最後はうまくいく」と思い込むこと

「自己定義と心のフロー状態」のアイキャッチ画像

『3-1.心を最高の状態に保つには、「自分がどんな人間か」は自分で決めること』の記事では、完全に明確になった「人生のゴール」に対して、

当然「ゴールを達成できる人間である」もしくは「すでにゴールを達成している人間である」と思い込んだうえで、「自分に都合の良い肩書」をもち、日常生活や仕事を最高に気持ち良く、快適に過ごして欲しいこと

とお伝えしましたが、もう一つ、あなたに思い込んで欲しいことがあります。

あなた

えっ、まだあるの? 当然「ゴールを達成できる人間である」もしくは「すでにゴールを達成している人間である」と思い込むだけではアカンの?

と思われたかもしれませんが、

あなたにあと一つ思い込んで欲しいことがあり、それは、

・自分の人生は、結局、最後はうまくいく

ということです。

ヤミシタ

「自分がどんな人間か」を自分で決める自己定義も大切ですが、自分の人生は、「結局、最後はうまくいく」と思い込むことも、同じぐらい重要です!その思い込みが「人生のゴール」を達成する過程で与えられる「多くの試練」「多くの失敗」を乗り越えるための、大きな力になります!

「結局、最後はうまくいく」と思い込むとは?

自分の人生は、「結局、最後はうまくいく」と思い込むとは、

  • 紆余曲折しながらも、「人生のゴール」を必ず達成できる
  • 途中でゴールが変わっても、より良い「人生のゴール」を達成できる

と確信することです。

紆余曲折しながらも、「人生のゴール」を必ず達成できる

完全に明確になった「人生のゴール」に対して、

・当然「ゴールを達成できる人間である」もしくは「すでにゴールを達成している人間である」

と思い込むことに加えて、更に

・紆余曲折しながらも、「人生のゴール」を必ず達成できる

ということを、確信することが大切です。

「自分がどんな人間であるか」という自己定義に加え、理想の自分が行う「行動の結果」に対しても、最後にはうまくことを信じて疑わないということです。

あなた

「紆余曲折しながらも、」ってあるけど、すんなり「人生のゴール」を達成できると思い込んだらアカンの、、、?

と思われたかもしれませんが、

自分の思い通りに何の苦労もなく、すんなり「人生のゴール」を達成できる訳がないので、紆余曲折しながらも、「人生のゴール」を必ず達成できると思い込む必要があります。

「人生のゴール」を達成しようとする過程では、

・多くの試練が与えられ、多くの失敗を経験する

ことになります。

全て思い通りになることはあり得ないので、これは100%確実です。

「人生のゴール」を達成しようとする過程で、次々と与えられる「多くの試練」、数えきれないほど経験する「多くの失敗」を、どのように受け止めて、今後の人生にどう活用するかで「人生のゴール」を達成できるかどうかが決まります。

そして、紆余曲折しながらも、「人生のゴール」を必ず達成できると思い込んでいるか否かで、「多くの試練」「多くの失敗」に対する受け止め方、活用の仕方が180度変わります。

ヤミシタ

「多くの試練」や「多くの失敗」を「人生のゴール」を達成する阻害要因(邪魔なモノ)として考えるか、「人生のゴール」を達成するのを助けてくれる宝として考えるかで、受け止め方も、それらの活用の仕方も全然変わってきます!

途中でゴールが変わっても、より良い「人生のゴール」を達成できる

完全に明確になった「人生のゴール」を達成しようとする過程で、様々な体験を通じて、

あなた

「アレ?私、こっちの方が好きかも、、、」「これ、むちゃくちゃ面白いな!」「今までのゴールより、もっともっと達成したいゴールを見つけてしまった!!」

と思うことがあるかもしれませんが、そのような場合は、途中で「人生のゴール」をより達成したいと心から思えるモノに変えても何の問題もありません。

『2-7.自分の人生を生きるには「自分にとっての課題以外を全部無視する」こと』の記事でもお伝えした通り、

・問題なのは、「人生のゴール」が完全に明確でないこと

なので、もっと達成したい「人生のゴール」を発見できたことは喜ばしいことであり、その時点で、次の「人生のゴール」を完全に明確にすれば良いです。

そして、もっと達成したい「人生のゴール」に対して

・途中でゴールが変わっても、より良い「人生のゴール」を達成できる

ということを、確信することが大切です。

ヤミシタ

途中で「人生のゴール」を変更することは何の問題も無いので、躊躇することなく、次の「人生のゴール」を完全に明確にして、より良い「人生のゴール」を達成できることを信じて疑うことなく、自分の時間、エネルギー(気力と体力)、お金を、次の「人生のゴール」を達成するために集中投下してください!

なぜ、「結局、最後はうまくいく」と思い込むことが大切なのか?

なぜ、「結局、最後はうまくいく」と思い込むことが大切なのか?というと、

  • 「多くの試練」や「多くの失敗」を乗り越える力になるから
  • 「多くの試練」や「多くの失敗」が、かけがえのない財産に変わるから

です。

「多くの試練」や「多くの失敗」を乗り越える力になるから

「人生のゴール」を達成しようとする過程で、次々と与えられる「多くの試練」、数えきれないほど経験する「多くの失敗」に対して

  • 「絶対に、人生のゴールを達成してやる!」という「情熱」を絶やさないこと
  • どんなことがあっても自分で責任を取る覚悟と、困難に挑戦する「勇気」をもつこと
  • いついかなるときも決して諦めることなく、「忍耐力」を発揮して行動を継続すること

で乗り越えていくことが求められます。

その際、自分の人生は「結局最後はうまくいく」という思い込みが、「多くの試練」「多くの失敗」を乗り越えていく力になります。

  • 紆余曲折しながらも、「人生のゴール」を必ず達成できる
  • 途中でゴールが変わっても、より良い「人生のゴール」を達成できる

という確信が、「多くの試練」や「多くの失敗」を乗り越えてでも前に進んでいく力になります。

例え、周りの誰もが、あなたに対して

周りの人

「これだけ多くの試練には、耐えられへんやろ、、、」「こんだけ失敗したら、取り返しつかへんわ、、、」「ご愁傷様、、、」

と言ったり、思っていたとしても、あなただけは、

・自分の人生は、結局、最後はうまくいく

と思い込み、想像力を発揮して「最善の策」を考えて、「人生のゴール」を達成するための行動を、粛々淡々と継続することが大切です。

ヤミシタ

どんなに辛く苦しい状況でも、どんなに先が見えないと思えても、どんなに全てを投げ出したくなっても、周りから何と言われたり、思われたりしても、あなただけは、自分の人生は、「結局、最後はうまくいく」と思い込んでください!

・自分が、「自分をどんな人間と考えるか?」を100%自分でコントロールすることが可能

であるのと同様に、

・自分が、「自分の将来をどのように思い描くか?」も100%自分でコントロールすることが可能

です。

あなたは、自分の将来を自由に思い描くことができます。

周りの誰にも、あなたが「自分の将来を自由に思い描くこと」を止める権利はありません。

どれだけ、あなたにとって都合の良いものでも構いません。

ヤミシタ

ぜひ、あなた一人で思う存分、自分の将来を自由に思い描いてください!どんどん妄想してください!私は、この「自分の将来を都合の良いように思い描く妄想」が大好きで、一日中妄想し続けることができます(笑)

「多くの試練」や「多くの失敗」が、かけがえのない財産に変わるから

「人生のゴール」を達成しようとする過程で、次々と与えられる「多くの試練」、数えきれないほど経験する「多くの失敗」は、

自分の人生は「結局、最後はうまくいく」と思い込むことで、受け止め方が変わります。

試練や失敗を「結局、最後はうまくいく」ということを前提にして受け止めると、

  • この試練は、「人生のゴール」を達成するうえで、どんなプラスの意味をもつのか?
  • この失敗は、今後「人生のゴール」の達成するための、どんな教訓になるのか?
  • この試練や失敗は、より良い「人生のゴール」に気づかせてくれるためにあるのか?

など、試練や失敗から、少しでも「気づき」や「学び」を得ようと考えられるように、今後、どのように活用すべきかを考えれるようになります。

「多くの試練」や「多くの失敗」から「気づき」や「学び」を得られるようになり、今後、「人生のゴール」を達成するために活用できるようになれば、「多くの試練」や「多くの失敗」は、かけがえのない財産に変わります。

たとえ、今決めた「人生のゴール」を達成できない状況になったとしても、もっと達成したい、もっと魅力的な「人生のゴール」をみつけることができるかもしれません。

(今は、気づくのが難しい状況だけなのかもしれません)

どっからどう考えても、将来プラスに成り得ないと思っていても、数年後、過去を振り返った際に、非常に貴重な経験であったと思える時がくるかもしれません。

(過去を振り返ることでしか、分からないのが残念ですが、、、)

全く異なる分野の、似ても似つかないような経験やノウハウが、もしかしたら、将来、「人生のゴール」を達成するうえで、めちゃくちゃ役に立つかもしれません。

(役に立つ瞬間まで、それが分からないかもしれませんが、、、)

私は、『ブログ運営者のプロフィールとは?どんな人生を生き、今何をしているのか?』の記事で書いている通り、

複数回の転職を経験して、現在の会社に勤めており、現在の会社内でも、複数回、部署の異動を経験しています。

従業員数が百人未満の中小企業に勤めていたことも、従業員数が三千人以上の大企業に勤めた経験もあります。

業種や職種としては、アルバイトなどの経験も含めると、飲食業、人材派遣、塾講師、プログラマー、システムエンジニア、プロジェクトマネージャー、営業、技術営業(プリセールス)など、様々な経験をしています。

もちろん、今までの試練や失敗のすべてが、「人生のゴール」を達成するうえで、直接的に役に立っている訳ではありませんが、すべての試練や失敗が、私自身を形成しており、今後「人生のゴール」を達成するうえで、必要不可欠なものであると考えています。

いや、そう思い込んでいます(笑)

ヤミシタ

もう思い出したくないような、数十年経過した今でも夢にみて、うなされるような辛くて苦い試練や失敗もあります。「もし、過去に戻れるならやり直したい」という気持ちもありますが、すべての試練や失敗は「かけがえのない財産」だと思い込んでいます(笑)

どのように、「結局、最後はうまくいく」と思い込むと良いのか?

どのように、「結局、最後はうまくいく」と思い込むと良いのか?というと、

  • 輝かしい人生を謳歌している「将来の自分」を召喚する

と良いです。

輝かしい人生を謳歌している「将来の自分」を召喚する

もし、「人生のゴール」を達成するうえで、何か大きな壁にぶち当たった際は、ぜひ、輝かしい人生を謳歌している「将来の自分」を召喚してください!

そして、将来の自分から

  • 「そうそう、これは、本当に辛かったし、しんどかった、、、。しかし、この試練や失敗があったからこそ、将来、大きな転機がくるんだよ」
  • 「このゴールは、実は達成できなかったんだ、、、。けど、このゴールを達成するために努力したことが、次のもっともっと魅力的なゴールを達成するための役に立ったんだよ!」
  • 「この人とは、どうしてもうまくやることができなかった、、、。でも、そのおかげで、人間関係を円滑にする術を学ぶことができ、それ以降、人間関係で悩むことがなくなったんだよ」

など、思いつく限りの慰めや励ましを受けて、思う存分、心を癒して、そして、鼓舞してもらうと良いです。

ヤミシタ

あなたが「将来の自分」から、どれだけ慰めや励ましを受けても、心を癒してもらい、鼓舞してもらっても、誰にも迷惑はかかりませんので、思う存分「将来の自分」からプラスの言葉をかけてもらってください! 私は、毎日と言っても良いほど「将来の自分」を召喚して、いつも激励されています(笑)

  • 人生のゴールを「当然達成できる人間である」もしくは「すでに達成している人間である」
  • 自分の人生は「結局、最後はうまくいく」

と思い込むだけで、人生のすべてがうまくいくとは、思っていませんが、

・大きな自信になり、大きな希望になり、大きな力になる

ことだけは事実です。

人生のゴールを「当然達成できる人間である」もしくは「すでに達成している人間である」と思い込み、自分の人生は「結局、最後はうまくいく」と思い込んだうえで、

  • 「人生のゴール」を達成するための挑戦と行動を続けること
  • 「多くの試練」「多くの失敗」から貪欲に学び続けること
  • 試行錯誤しながら、謙虚、懸命、堅実に前に進み続けること

が大切です。

ヤミシタ

ぜひ、当然「ゴールを達成できる人間である」もしくは「すでにゴールを達成している人間である」と、自分の人生は「結局、最後はうまくいく」と、思い込んでみてください! 根拠はなくて大丈夫です(笑)思い込むことによる「無意識に与える大きなプラスの力」をうまく活用することを心からオススメします!

まとめ

  • 自分の人生は、「結局、最後はうまくいく」と思い込むこと
  • その思い込みにより、「多くの試練」「多くの失敗」を「人生のゴール」を達成するための「かけがえのない財産」に変えること
  • 大きな壁にぶち当たった際は、輝かしい人生を謳歌している「将来の自分」を召喚して、思う存分プラスの言葉を投げかけてもらうこと

自分の人生は、「結局、最後はうまくいく」と思い込むことで、「人生のゴール」を達成しようとする過程で、次々と与えられる「多くの試練」、数えきれないほど経験する「多くの失敗」を、

「かけがえのない財産」に変えながら、「気づき」や「学び」を得て、試行錯誤しながら前に進むことで、あなたの人生のゴールを達成できることを、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「本サイト・運営者について」のアイキャッチ画像
「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像
3.心を最高の状態に保ちたい