5-7.短時間で成果を残す原則(6)簡単で強力な論理思考を使う

「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像

「5-6.短時間で成果を残す原則(5)活動は、新規活動1つ、維持活動1つとする」の記事にて、

「中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つ」に絞り込み、維持活動では、最小のリソースで最大の成果を残すことができるようになり、新規活動に、より多くのリソースを配分することで、新規活動でも、より早く成果を残すことができるようになりましょう!

とお伝えしました。

今回も含めて複数の記事で、具体的に「短時間で成果を残すための原則」について、詳しく解説しますので、あなたが日常生活で、仕事をするうえで、「使える!」と思ったものは、どんどん実践してみてください!

「短時間で成果を残すための原則」の6つ目は、

・簡単で強力な論理思考を使う

です。

ヤミシタ

私は、本記事で紹介する「簡単で強力な論理思考」を使い倒しています!というより、論理的にものごとを考えるときは、この考え方しか使っていません。それでも、日常生活や仕事において、一切困ったことがなく、きちんと成果を残せています。

「簡単で強力な論理思考」とは?

「論理思考」と聞くと、難しく感じてしまうかもしれませんが、

  • 「論理思考」とは、「論理的な考え方」のこと
  • 「論理的な考え方」とは、「筋道を立てた考え方」のこと
  • 「筋道を立てた考え方」とは、「順序に沿って、分かり易くするための考え方」のこと

です。

そもそも、順序がない場合は、論理的とは言えません、、、。

声を大にして、自分の言いたいことを言いまくる人もいますが、順序がないと、分かりにくいですよね、、、。

「っで、結局言いたいことは何ですか?」と聞きたくなります。

そして、聞いてみると、言いたいことは大したことではないケースも多々あり、「っえ、あれだけ喋ったのに、それだけですか!?」とツッコミたくなります(笑)

また、順序はあっても、分かりにくいケースも多々あります。

「まずはじめに、●●、次に、●●、3つ目は、●●、4つ目は、●●、、、(更に、何個か続き)、そして、最後は、●●です、分かりましたか?」と言われても、

「全然、分かりません!」と言いたくなることがあります。

(一体、何個あんねん!どれが重要やねん!何からしたらええねん!とツッコミたくなります)

「論路思考」は、ものごとを「順序に沿って、分かり易くするための考え方」なので、そもそも順序がないとダメですし、そして、順序があったとしても、分かりにくければ意味がありません。

そこで、本記事では、短時間で成果を残すために、短時間できっちり相手に内容を理解してもらい、様々なことがスムーズに前に進むようにするために、簡単で強力な論理思考をお伝えします。

私が日々の生活や仕事をするうえで使っているもので、「本当に簡単で使える!」と心から思っている考え方になります。

簡単で強力な論理思考とは、

「Why・What・How」「Who・What・How」

の2つです。

マーケティングの仕事をするときは、「Where・What・How」なども使うことがありますが、基本的には、「Why・What・How」と「Who・What・How」の2つで事足ります。

なぜ、「Why・What・How」が重要なのか?

「Why・What・How」とは、

  • Why:なぜ、するのか?何のためにやるのか?何を達成したいのか?(目的とゴールは何か?)
  • What:目的とゴールを達成するために、必要不可欠なことは何か?最も重要なことは何か?
  • How:目的とゴールを達成するために、何をどのような手順や方法で実行すれば良いか?

となります。

これは、日々の会議や商談などで良く使います。

例えば、会議では、

  • Why:次回のセミナーのテーマと講演者を決めること
  • What:会議までに、テーマと講演者の案を理由や根拠と共に事前にメンバーに共有しておくこと
  • How:タイムスケジュールを決めて、会議を行うこと

具体的には、初めの10分で、各メンバーがどのテーマと講演者の案が良かったのか?理由や根拠と共に発表を行う(もちろん、自分の案が一番良いと思えばそれでも良し)。

次の10分で、疑問点、懸念点、不安な点などの意見交換を行う。

最後の10分で、最終的なテーマと講演者を決定する。(誰かのテーマと講演者の案をそのまま採用しても良いし、講演者を案とは別の人にしたり、テーマを複数の案と掛け合わせても良し)

となります。

「Why・What・How」を事前に考えて、各メンバーに周知しておくかどうかで、会議が短時間で終わるかどうかが決まります。

会議で、きちんと成果が残せるか?、すなわち、会議の目的とゴールを達成することができるかどうか?が決まります。

例えば、商談では、

  • Why:今後、継続して商談を続けていくか見極めること。(時間・エネルギーを集中投下するか?見極めること)
  • What:下記のポイントを可能な限り詳細に確認すること

・商品やサービスの導入検討を行っている背景は何で、絶対に導入すべき理由があるか?

・予算が確保されているか?導入可否の決定者は誰で、商品やサービスの導入に前向きか?

・いつまでに導入しなければならないという期限は決まっているか?

・競合とすでに話はついていないか?(当て馬になっていないか?)

・自社の独自性(最大の強み)を発揮できる課題か?

  • How:確認すべき事項をヒアリングシートとして作成し、事前にお客様に渡しておくこと。ヒアリングシートの内容に沿って、ヒアリングを行うこと

ヒアリングシートですが、相手が警戒してしまわないように、失礼にならないように、気分を害さないように、質問の内容には、注意が必要です。

あまり、ストレートな表現は好ましくありません。

「お客様の時間をムダにしないためにも、いつもどのお客様にもお渡ししています!」と伝えると、ほとんどの場合、ちゃんと内容は確認してもらえますし、親切なお客様にはすべて記入してもらえます。

内容をみてもらえるか?記入してもらえるか?も、今後商談を続けていくべきか?の判断材料の1つになります)

当日は、お客様の抱える問題の根本課題は何か?その根本課題は、自社の独自性(最大の強み)を発揮して解決できる課題かどうか?を第一に確認すること。

次に、キーパーソンが誰か?(説得すべき最重要人物は誰なのか?)を確認すること。

残りは、ヒアリングシートに基づき簡潔に質問すること。

お客様の根本課題と自社の独自性(最大の強み)がマッチしない場合は、受注できる確率が大幅に下がりますし、価格勝負になり、利益率も下がってしまうので、深追いしないこと。

となります。

当たり前のことですが、商談では、商談前にいかに準備をしたか?で、商談の質が変わります。

これは、商談だけではないですね。

すべてにおいて、どれだけ事前準備をしたかで?本番での質が変わります。

商談に臨む前は、最低限、「Why・What・How」を事前に考えて、準備を整えておいてください!

これは、当たり前のことなのですが、仕事が忙しくなるにつれて、経験値が増えるつれて、毎回の商談でこれができてない人が非常に多いです。

基本は本当に重要です。

「Why・What・How」が定まっていないと、商談が意味のないものに、時間のムダになってしまいます。

それは、お客様に対しても失礼ですので、私は、今でも必ず「Why・What・How」を書き出し、商談に臨むようにしています。

なぜ、「Who・What・How」が重要なのか?

次に、「Who・What・How」とは、

  • Who:誰に?(本当に伝えたい人は誰か?)
  • What:何を伝えて?(本当に伝えたいことは何か?)
  • How:どうして欲しいのか?(どのように伝えれば一番伝わるか?そして、伝えた結果、相手にどのような感情になって欲しいのか?または、相手にどのような行動をして欲しいのか?)

となります。

これは、日々のメールや提案書などで良く使います。

例えば、メールでは、

  • Why:上司に、
  • What:仕事が抱えきれない量になってきたことを伝えて、
  • How:具体的な仕事の数とその内容、および、対応に必要な時間を正確に提示して、現状を理解してもらい、自分ではなくても対応可能な仕事を他の人に対応してもらえるように調整してもらうこと、また、今後3ヶ月間は新しい仕事を割り当てないようにしてもらうこと

となります。

「Who・What・How」を事前に考えて、メールを書くことで、相手に伝わり易くなります。

特に、「相手に何をして欲しいのか?」ということをきちんと伝えることが重要です。

相手がそれをYesと言うか、Noと言うかは別にして、まずは、あなたが「相手に何をして欲しいのか?」ということをきちんと伝えなければ、相手はその判断すらできません。

「察して」という気持ちも分かりますが、基本的には、「察して」くれないことがほとんどです(笑)

故意に察しないようにしている場合もあるかもしれませんが、あなたと他の人の考え方は異なるので、単純に「察する」ことが難しいという場合がほとんどです。

ぜひ、「Why・What・How」と「Who・What・How」の2つを、日々の生活で、仕事をするうえで活用することで、短時間で成果を残せるように、すなわち、あなたの達成したいゴールを達成できるようにしてください!

まとめ

  • 簡単で強力な論理思考とは、「Why・What・How」「Who・What・How」の2つ
  • 「Why・What・How」を使うことで、会議や商談の質を大幅に向上させることができる
  • 「Who・What・How」を使うことで、相手に何をして欲しいのか?が明確に伝わるようになる

「Why・What・How」と「Who・What・How」の2つは、本当に簡単で強力ですので、今すぐにでも、使える場面で使ってみたください!

「Why・What・How」と「Who・What・How」を使うと、「おっ、ちゃんと考えているな」という印象を与えることができるようになります。

「Why・What・How」と「Who・What・How」の2つを、日々の生活で、仕事をするうえで活用することで、短時間で成果を残せるようになり、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

5.短時間で成果を残したい