5-6.短時間で成果を残す原則(5)活動は、新規活動1つ、維持活動1つとする

「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像

「5-5.短時間で成果を残す原則(4)センターピンを倒す」の記事にて、

ボーリングの一番先頭にあるピン(センターピン)を倒すことで、その他のすべてのピンを倒すように、

日常生活においても、仕事をするうえでも、その他のすべてがうまくいくセンターピンに該当する根本課題を解決する、キーパーソンに納得してもらうことで、短時間で大きな成果を残してください!

とお伝えしました。

今回も含めて複数の記事で、具体的に「短時間で成果を残すための原則」について、詳しく解説しますので、あなたが日常生活で、仕事をするうえで、「使える!」と思ったものは、どんどん実践してみてください!

「短時間で成果を残すための原則」の5つ目は、

・中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つとする

です。

ヤミシタ

これは、「1-7.思考を変え人生を変える方法(7)この人の思考になれたら、人生は好転する」の記事で紹介した、「加藤 将太さん」に教えてもらった原則です。

加藤さんにこの原則を教えてもらって以来、ずっと実践していますが、「新規活動1つ、維持活動1つ」は成果を残すためにも、絶対に守るべき原則になります!

なぜ、「中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つ」でなければならないのか?

今回は、中長期的、すなわち、数ヶ月間~数年間単位で取り組む活動において、短時間で成果を残すための原則について、詳しく解説します。

短時間で成果を残すといっても、中長期的な取り組みなので、通常、達成するのに1~2年、もしくは、それ以上かかるところが、「半年~1年で達成できるようになる!」という意味になります。

「中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つとする」の原則に従わない場合は、

  • 何も達成できない、、、
  • 途中で挫折してしまう、、、

という結果になってしまいます。

「中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つとする」とは、

  • 中長期的な最終ゴールと、その中間目標も定めること
  • 最終ゴールと中間目標を達成するために、やるべき作業を洗い出すこと
  • 何をいつまでに実行していくか?というスケジュールを立てること
  • スケジュール通りに進んでいるか?何か最終ゴールや中間目標達成を阻害する課題(解決すべき問題)が発生していないか?を随時確認すること
  • 遅延や課題が発生している場合は、どう対処するのが良いか?を検討し、対策を施すこと
  • そもそもの最終ゴールや中間目標を変えたり、修正する必要があった場合は、やるべき作業、実行スケジュールも変更、修正を行うこと
  • 日々、考え、行動し、試行錯誤しながら最終ゴールを達成するための行動を行うこと

上記に列挙したような一連の作業が伴う、中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つまでにするという原則です。

原則に対する説明文が長くなり、大変申し訳ありませんでしたが、それだけ、中長期的に取り組む活動には、時間とエネルギー(気力と体力)とお金が(複数人で取り組む場合は、更に、人も)必要となるので、

新規活動1つ、維持活動1つまでに留めないと、短時間で成果を残すことができない、ましてや、多くの活動に手を出してしまうと、そもそも、最終ゴールを達成できない、、、途中で挫折してしまう、、、ということです。

きっちり短時間で成果を残したい場合は、多くの活動に手を出さずに、「中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つとする」の原則に従うようにしてください!

ついつい、アレもコレもと手を出したくなるのが、人の性分なのですが、私も、グッと我慢して「中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つ」にしています。

そもそも、中長期的に取り組む活動は、ゴールの設定、作業の洗い出し、スケジュール作成、進捗や課題の管理、方向性の修正などが必要で、非常に時間とエネルギーを費やすものなので、新規活動1つ、維持活動1つでも、ヒィヒィ言っているのが現状です、、、

どのように、「新規1つ、維持1つ」の活動に取り組めば良いのか?

「中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つとする」の原則は、仕事をする場合を考えると、一番イメージしやすいです。

仕事をするうえでの、新規活動1つと維持活動1つの具体例は、

  • 維持活動1つ:既存のお客様に従来の商品やサービスを提供する(従来の仕事をする)
  • 新規活動1つ:以下の3つのいずれかを実行する(新しい仕事をする)
  1. 既存のお客様に新しい商品やサービスを提供する(アップセルやクロスセルと言われます)
  2. 新規のお客様に従来の商品やサービスを提供する(新規顧客開拓と言われます)
  3. 新規のお客様に新しい商品やサービスを提供する(多角化と言われます)

となります。

今まで行ってきた「従来の仕事」1つと、新規に取り組む「新しい仕事」1つをすることが、新規活動1つと、維持活動1つとなります。

維持活動、すなわち、従来の仕事に取り組むうえで重要なことは、

・いかに仕事を標準化し、効率化し、自動化(システム化)することで、少ない時間・エネルギー(気力と体力)・お金(・人)で最大の成果を残せるか?

となります。

維持活動である従来の仕事は、すでに一定の期間が経過しているので、その分、経験もノウハウも多く蓄積されています。

自社や他社含めて、多くの成功事例も出ています。

今まで蓄積された経験やノウハウ、そして、多くの成功事例をもとに、仕事の標準化・効率化・自動化(システム化)を強く推進することで、高い生産性を実現することが必要不可欠です。

そして、維持活動、すなわち、従来の仕事をより少ない、時間・エネルギー(気力と体力)・お金(・人)で成果を残すことで、

その分、新規活動、すなわち、新しい仕事に、より多くの時間・エネルギー(気力と体力)・お金(・人)を配分する必要があります。

新規活動である新しい仕事は、新しい挑戦となるため、経験もノウハウも、自社および他社の成功事例も非常に少ない(もしくはない)状態で取り組まなければなりません。

その分、失敗も多くなり、軌道にのせるまでに、必然的に多くの時間・エネルギー(気力と体力)・お金(・人)が必要となります。

仕事をするうえで、

  • 維持活動では、いかに最小のリソースで最大の成果を残せるか?
  • 新規活動に、いかに残されたリソースを配分できるか?
  • 新規活動で、将来の売上や利益を確保できるように、どれだけ早く軌道にのせれるか?

が非常に重要となります。

ここで、1点注意して欲しいのは、維持活動と新規活動に優劣はないということです。

どちらも重要な仕事です。

よく「新規活動をしている方が優秀」というようなイメージがありますが、維持活動があってこその新規活動になります。

現在の売上と利益を生み出しているのは、維持活動に他なりません。

維持活動により売上と利益を確保できてこそ、新規活動にリソースを配分できるようになります。

確かに、新規活動の方が難易度は高いですが(経験もノウハウも成功事例もないので)、維持活動において、最小のリソースで最大の成果を残すことも、難易度が高く、非常に価値のある仕事になります。

一番重要なことは、維持活動と新規活動を1つずつに絞り、両輪を回すことです。

維持活動があってこその新規活動であり、新規活動のための維持活動となります。

「今、ご飯を食べれる状態にする」ことも「将来、ご飯を食べれるようにする」ことも、どちらも生き抜くためには必要になります。

ここでは、仕事をするうえでの具体例を取り上げましたが、日々の生活においても、使える原則ですので、ぜひ、「中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つとする」の原則に従い、中長期的なゴールをより短い期間で達成できるようになりましょう!

まとめ

  • 中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つに絞り込むこと
  • 維持活動では、最小のリソースで最大の成果を残すこと
  • 新規活動に、より多くのリソースを配分できるようにして、新規活動をより早く軌道にのせること

「中長期的に取り組む活動は、新規活動1つ、維持活動1つとする」の原則に従い、新規活動と維持活動は、必ず1つずつに絞り込んでください!

ついつい欲を出して、新規活動も維持活動も、それぞれ2つ以上に手を出さないでください!

(共倒れしてしまいますので、、、。本当に、何も達成できなくなってしまいます)

維持活動では、最小のリソースで最大の成果を残すことができるようになり、新規活動に、より多くのリソースを配分し、より早く軌道にのせることができるようになり、あなたの中長期的なゴールを達成できるようになることで、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「思考を変えれば人生が変わるとは」のアイキャッチ画像

1-7.思考を変え人生を変える方法(7)この人の思考になれたら、人生は好転する

5.短時間で成果を残したい