5-3.短時間で成果を残す原則(2)Simple is Best

「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像

『5-2.短時間で成果を残す原則(1)Less is More』の記事では、

  • 時間、エネルギー(気力と体力)、お金を集中投下する対象を絞り込むほど、それらから得られる成果は大きくなるので、集中投下する対象を考え抜き、選び抜いて欲しいこと
  • 「より少ない資源で、より多くの成果を残すにはどうすれば良いか?」ということを、常に問いかけ続けて、考え、行動し、試行錯誤し続けて実現して欲しいこと

をお伝えしました。

今回も含めて複数の記事で、具体的に『短時間で成果を残す原則』について、詳しく解説しますので、あなたが日常生活で、仕事をするうえで、「使える!」と思ったものは、どんどん実践してみてください!

『短時間で成果を残す原則』の2つ目は、

・Simple is Best (シンプル イズ ベスト)

です。

ヤミシタ

なーんにも考えてない「シンプル」ではなく、徹底的に考え尽くしたうえでの、究極に洗練された「シンプル」を追求することが大切です! 究極に洗練された「シンプル」は、感動を覚えるほど、美しく、分かり易くて使い易く、有益で、非常に価値の高いものになります。

「Simple is Best」とは?

ビジネスにおける「Simple is Best」とは、

  • 「シンプル」は究極の洗練である

という意味です。

「シンプル」は究極の洗練である

「Simple is Best(シンプル イズ ベスト)」と聞くと、

あなた

「Simple is Best」って、ファッションやデザインの分野で『「シンプル」が一番ステキ!』という意味で使われるんじゃないの? ビジネスでも使えるの!?

と思われたかもしれませんが、

「Simple is Best」は、ビジネスにおいても、めちゃくちゃ使えて、ビジネスでは、

・「シンプル」は究極の洗練である

という意味で使います。

『「シンプル」は究極の洗練』なので、

仕事をしているうえで、「シンプル」でないものは、まだまだ洗練されておらず複雑さが残っているので、『これ以上「シンプル」にできない、、、』というレベルまで洗練すべき

という意味です。

イメージとしては、

考えて行動して試行錯誤しながら、「ムダなもの」「冗長なもの」「余分なもの」を一切排除して、「本当に重要なこと」「本当に伝えたいこと」「本当に価値のあるもの」だけを残す

というイメージです。

著名なコンサルティング会社では、「提案書を100枚書いてから、1枚に纏める」ことを意識していると言われています。

あなた

えっ、毎回ホンマに100枚も書いてるの、、、? それをたった1枚まで凝縮させてるの、、、?

と思われたかもしれませんが、毎回本当に100枚書いているかは定かではありませんが、

100枚相当の提案書の中から、一番重要なこと、伝えたいこと、価値のあることを選び抜き、言葉の通り洗練させ、「シンプル」に伝えることを、常に徹底しているということです。

究極に洗練された「シンプル」なメッセージには、心が突き動かされてしまうほどの強い力が宿ります。

提案書のなかには、読み終わった後に、「っで、結局何が言いたいの?」と思ってしまうものもありますが、洗練された「シンプル」な提案書では、一瞬で、相手に、重要なこと、伝えたいことが伝わります。

ヤミシタ

「Simple is Best」=『「シンプル」は究極の洗練である』の原則に基づいて、徹底的にムダを排除し、「本当に重要なこと」「本当に価値のあること」だけを残すことで、相手に一瞬で伝わり、相手の心を動かすこともできるので、結果として、「短時間で成果を残す」ことが可能になります!

なぜ、「Simple is Best」が重要なのか?

なぜ、「Simple is Best」が重要なのか?というと、

  • 誰もが、「シンプル」であることを心の底から望んでいるから

です。

誰もが、「シンプル」であることを心の底から望んでいるから

『1-3.思考を変え人生を変える方法(3)起業家の思考をどんどんパクろう!』の記事にて、

「現代は、状況が刻々と変化し、将来が見通し難く、複雑で、前例もない問題が起こるVUCA(ブカまたはブーカ)の時代と言われ、数多くの要素が相互に関連し、影響を及ぼし合うことで、複雑さが増している

ということをお伝えしましたが、世の中は、本当にとどまることを知らずに複雑さが増しています。

(そして、これからも更に複雑さは増していきます、、、)

インターネットの普及により、世界中の膨大な情報が、容易に入手できるようになり、SNSの普及により、世界中の個人から、リアルタイムで情報が発信されるようになりました。

あなた

もう、情報が多すぎて、「何が正しく、何が重要で、何が本当に価値のあるものなのか?」が全然分からへん!!

と思われているかもしれませんが、まさにその通りで、

現在は情報過多であり、洪水のように押し寄せる情報の中から、自分にとって「本当に必要な情報」だけを自ら選択して、自分にとって「本当に大切な人」「本当に重要なこと」のために有効活用しなければなりません。

また、グローバル化も急速に進み、視野を世界中に拡げて、ものごとを考えなければならない社会になりました。

例えば、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策に関しても、日本だけで対策を完璧に行えば良いという問題ではなく、世界中で団結して考えるべき問題に発展しています、、、

考えれば考えるほど、世の中の複雑さが分かります。

(もう、考えるのも嫌になってしまうほどです、、、)

世の中の複雑さが増しているからこそ、人々は「シンプルさ」に飢えています。

だからこそ、「Simple is Best」=『「シンプル」は究極の洗練である』の原則が重要になります。

誰もが複雑なことではなく、「シンプルさ」に魅力を感じ、「シンプル」であることを心の底から望んでいます。

ヤミシタ

複雑さが増す世の中で、複雑なものに嫌気がさしているので、誰もが「シンプルさ」に飢えていて、究極に洗練された「シンプル」を目の当たりにしたとき、自然と心が惹かれて、美しさを感じるとともに、心も大きく動かされます!

どのようなものが、「Simple is Best」と言えるのか?

どのようなものが、「Simple is Best」と言えるのか?というと、

  • 分かり易くて使い易く、有益で、美しさすら感じるもの

が究極に洗練された「シンプル」なものと言えます。

分かり易くて使い易く、有益で、美しさすら感じるもの

あなた

「分かり易くて使い易く、有益で、美しさすら感じるもの」なんて、ホンマに存在するんかいな、、、

と思われたかもしれませんが、

「分かり易くて使い易く、有益で、美しさすら感じるもの」の代表例は、Apple社のiPhoneです。

まさに、究極の洗練がされた「シンプル」を体現したものになります!

今では、もう当たり前になっていますが、iPhoneが発売される前は、「文字入力には複数のボタンが必要」という固定概念がありました。

(ガラケーやBlackBerryが、文字入力のためのボタンが多い代表選手です)

その固定概念を覆し、「シンプルさ」を追求することで、文字入力を画面上のタッチ操作で行い大画面を実現し、残ったボタンは(文字入力のためではない)たった一つとなりました。

iPhoneは、利便性・有益性・芸術性(美しさ)を兼ね備えた「シンプル」なものであり、爆発的に売れ、一気に市場を塗り替えました。

iPhoneの事例でも、ビジネスにおいて、「Simple is Best」=『「シンプル」は究極の洗練である』の原則がいかに重要かが分かります。

また、Googleの検索エンジンも、「分かり易くて使い易く、有益で、美しさすら感じるもの」となります。

「画面に検索窓が一つだけあり、そこに文字を入力するだけで、欲しい情報が瞬時に得られる」

というのは、究極に洗練された「シンプル」です。

あなた

確かに、迷う要素が一切ない!!

と思われたかもしれませんが、

究極に洗練された「シンプル」を実現した商品やサービスに、操作マニュアルは不要です!

更に、AmazonのECサイトも、「分かり易くて使い易く、有益で、美しさすら感じるもの」です。

「欲しい商品が何でも揃っていて、簡単に見つけることができ、クリック一つで次の日には届く」

というのも、究極に洗練された「シンプル」と言えます。

iPhoneにしても、Googleの検索エンジンにしても、AmazonのECサイトにしても、究極に洗練された「シンプル」を実現したものは、顧客に「利用する喜び」をもたらしています。

商品やサービスを「使うだけで喜びが得られる」というのは、本当にスゴイことです!

ぜひ、あなたも日常生活を行ううえで、仕事をするうえで、「Simple is Best」=『「シンプル」は究極の洗練である』の原則を使ってみてください!

考えて、行動して、試行錯誤しながら、シンプル化を実現するまでは、時間が必要ですが(「急がば回れ」ですね)、シンプル化を実現することで、短時間で大きな成果を残すことが可能となります。

ヤミシタ

分かり易いように、AppleやGoogle、Amazonのような世界的に有名な企業の例を紹介しましたが、「Simple is Best」=『「シンプル」は究極の洗練である』の原則は、提案書や報告書、日々のメールを書くなどの小さいことでも使えるものですので、ぜひ、簡単なことから、取り組みやすい場面で使ってみてください!

まとめ

  • 何も考えていない「シンプル」と、徹底的に考え尽くされ、究極に洗練された「シンプル」は全く異なること
  • 誰もが複雑なことではなく、「シンプル」であることを心の底から望んでいること
  • 究極に洗練された「シンプル」には、感動を与え、使う喜びすらもたらしてくれること

世の中に「めちゃくちゃ複雑なのに、ほとんどの人が使っているほどバカ売れしているもの」は、ありません。

(一部の熱狂的なファンに、長く愛されることはあります)

世の中に広く普及しているもの、世代を超えて愛されているものは、すべて「シンプル」な商品やサービスとなります。

徹底的に考えることで、究極に洗練された「シンプル」を生み出すことは簡単ではないですが、ぜひ、身近なことから、「もっとシンプルにできないか?」と考えてみてください!

「Simple is Best」=『「シンプル」は究極の洗練である』の原則により、短時間で成果を残すことができるようになることで、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「思考を変えれば人生が変わるとは」のアイキャッチ画像
5.短時間で成果を残したい