4-8.ゴールの達成に集中する極意(6)超早起き

「時間, エネルギー, お金の集中投下」のアイキャッチ画像

「4-7.ゴールの達成に集中するのを妨げる、最大の敵は上司と会議」の記事にて、

・上司とうまく付き合い、会議を上手に行うことで、「創造的な仕事をするための時間」を死守して欲しいこと

をお伝えしましたが、本記事では、ゴールの達成に集中する極意である

・超早起き

について詳しく解説します。

ヤミシタ

私は、毎朝2:30(遅くとも3:00)には、起きています。「超早起き」することで、朝の貴重な時間を、「将来の自分に対して投資するための時間」としています。

「超早起き」とは?

「超早起き」とは、読んで字のごとく、「とても早く起きること」です。

どのぐらい早いのか?というと、私は、毎朝2:30(遅くとも3:00)には、起きています。

「えっ、おじいちゃん、超えてるやん!?」

とか

「それ、俺の寝る時間やで!」

とか、

「完全に頭おかしいな、、、」

とか色々言われることはありますが、私は、超真面目に「超早起き」を実践しています。

なぜ、「超早起き」が良いのか?

なぜ、「超早起き」が良いのか?というと、

  • 一番エネルギー(気力と体力)が充実しているときに、誰にも、何にも邪魔されることなく、あなたのゴールを達成するために、時間とエネルギーを集中投下できるから
  • 「超早起き」することで、あなたのゴールを達成するために使える時間を増やせるから

です。

「2.自分の人生を生きたい」のカテゴリの一連の記事にて、あなたの人生のゴールを完全に明確にして欲しいことをお伝えしましたが、

その完全に明確にした人生のゴールを達成できるか否かは、

・いかに、ゴールの達成のために、あなたの時間、エネルギー(気力と体力)、お金を集中投下できるか?

で決まります。

これも当然のことになりますが、時間、エネルギー(気力と体力)、そして、お金を集中投下せずに、ゴールを達成することはできません。

(あなたが、あなたの残りの時間で達成したい中長期的なゴールは、何の努力もせずに、達成できるものではないハズです)

「超早起き」を行うことで、起きたてホヤホヤで、寝たことにより疲れが取れ、あなたのエネルギー(気力と体力)が一番充実している朝の貴重な時間を、

誰にも、何にも邪魔されることなく、あなたのゴールを達成するためだけに使うことができます。

朝の時間は、

  • エネルギー(気力と体力)が充実している
  • 誰にも、何にも邪魔されることがない

という点で、非常に貴重な時間となります。

そして、その貴重な時間を、少しでも長くするために、「超早起き」が重要になります。

早く起きれば起きるほど、朝の貴重な時間を、あなたのゴールの達成に使える時間を、増やすことが可能です。

どのようにして、「超早起き」を実現すれば良いのか?

では、どのようにして、「超早起き」を実現すれば良いのか?というと、まずは、あなたの周りの人たちの理解を得ることが大切になります。

周りの人たちの理解を得ずに、「超早起き」を実現するのは、困難です。

私は、職場で、私の周りにいる一緒に仕事をする人たちに対して、

  • 共働きをしているので、家事と育児を夫婦で分担していること
  • 毎日、20:30には子供と一緒に寝ること

をきちんと伝えています。

家庭のことを話すことは、少し恥ずかしいと感じる部分もありますが、きちんと伝えることで、

「共働きをすること」「家事と育児を分担すること」「子供と一緒に寝ること」

に対する、理解は得られます。

もちろん中には、

「共働きしているのは、ズルい!」「家事と育児より、仕事の方が重要では?」「子供と一緒に寝る必要ある?」

ということを思われている方はいるかもしれませんが、私が、私にとって、

「本当に重要なことは何か?」「本当に大切な人は誰か?」

を考えて決めたことなので、誰にどのようなことを思われても、(良く思われないとしても)仕方ありません。

「2-1.自分の人生を生きるには、何よりもまず人生のゴールを明確にすること」の記事にも書いているのですが、私の人生のゴールは、

  • 生きている限り、家族(特に、妻と子供)の役に立ち続けること、笑顔に、幸せにし続けること
  • そのために、日々の生活を感謝の心と笑顔で溢れさせること
  • 必要な条件として、世帯年収1,000万円以上を維持し続けること

です。

私は、私の人生のゴールを達成するために、家族(特に、妻と子供)を第一優先にして、自分の時間、エネルギー(気力と体力)とお金を集中投下すると決めています。

しかし、家族(特に、妻と子供)を第一優先にするからといって、家事と育児をするために、子供と一緒に寝るために、早く帰宅するからといって、仕事で手を抜く訳ではありません。

時間が限られているからこそ、

短時間で(業務時間内に)仕事で求められている成果を残すこと

に全力で集中しています。

「5.短時間で成果を残したい」のカテゴリの一連の記事で、「短時間で成果を残す原則」をご紹介していますが、

  • 従来の常識に捉われず、必要ならば、今までのやり方を変えることで、どうすれば、短時間で成果を残すことができるか?
  • どの仕事から、どの課題から優先的に取り組むことで、良循環を起こし、次々に課題を解決することができるか?
  • 「これさえやれば、すべてうまくいく」「この人さえ納得してもらえれば、他の人も納得してくれる」というようなセンターピンに該当する根本課題は何か?キーパーソンは誰か?

ということを、常に考えて、短時間で成果を残せるようにすること、良循環を起こすこと、センターピンを倒すことに、全力を注いでいます。

また、時間が限られているので、「本当に重要なこと」以外には、手を出さないように気をつけています。

というより、「本当に重要なこと」に全力で取り組んでいると、それだけで、時間を使いきってしまうので、「本当に重要なこと」以外には、手を出せなくなりました、、、。

「超早起き」を実現するには、

  • きちんと自分の考えを伝え、周りの人の理解を得ること
  • 仕事では、短時間で成果を残せるように全力を尽くすこと

が大切です。

※少し余談(少し恥ずかしい話)になりますが、私の場合、「超早起き」を実践してから、

めちゃくちゃ快便

になりました。

もう、清々しいぐらいの超大物が出るようになりました。(汚い話ですいません、、、)

健康の面からも、「超早起き」の良さを実感しているので、私は、この先、子供が大きくなって一緒に寝てくれなくなっても、「超早起き」を辞めれそうにありません、、、。

まとめ

「超早起き」を行うことで、

  • 一番エネルギー(気力と体力)が充実しているときに、誰にも、何にも邪魔されることなく、ゴールを達成するために、時間とエネルギーを集中投下できる
  • 朝の貴重な時間を、増やすことができる

2:30(遅くとも3:00)に起きるというのは、少し極端な例となってしまったかもしれませんが、少しでも早起きをすることで、ゴールを達成するために、時間とエネルギーを集中投下できるようになり、あなたの人生がより良いものになることを、心から願っています!

「ゴール設定・課題設定」のアイキャッチ画像のアイキャッチ画像

2-1.自分の人生を生きるには、何よりもまず人生のゴールを明確にすること

「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像

5-1.短時間で成果を残すには、高生産性を追求すること

「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像

5-4.短時間で成果を残す原則(3)良循環を起こす

「短時間で成果を残す原則」のアイキャッチ画像

5-5.短時間で成果を残す原則(4)センターピンを倒す